👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Organization のリポジトリ権限レベル

Organization の各リポジトリに対するアクセスを、権限レベルを細かく設定することによりカスタマイズできます。これにより、ユーザが必要な機能やタスクにアクセスできるようになります。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

管理権限を持つ人は、Organization が所有するリポジトリに対する人およびチームのアクセスを管理できます。

Organization が所有するリポジトリの権限レベル

Organization のメンバー、外部のコラボレータ、および Team に対して、Organization が所有するリポジトリに異なるレベルのアクセスを付与できます。 権限レベルごとに、リポジトリのコンテンツと設定へのアクセスが段階的に増加します。 プロジェクトにおける各人または各 Team のロールに相応しいレベルを選択し、プロジェクトに対して必要以上のアクセスを与えないようにしましょう。

以下のリストでは、Organization のリポジトリに対する権限レベルを、低いものから高いものに並べています:

  • Read: プロジェクトを表示またはプロジェクトについてディスカッションしたい、コードを書かないコントリビューターにおすすめします
  • Write: プロジェクトに積極的にプッシュしたいコントリビューターにおすすめします
  • Admin: セキュリティの管理やリポジトリの削除など、センシティブおよび破壊的なアクションを含めて、プロジェクトへの完全なアクセスが必要な人におすすめします

ユーザおよび Team にリポジトリへのアクセスを付与することに関する詳細は、「Organization のリポジトリに対するアクセスを管理する」を参照してください。

Organizationのオーナーは、その Organization のリポジトリにアクセスするとき、Organization の全メンバーに適用される基本レベルの権限を設定できます。 詳しい情報については、「Organization の基本レベル権限の設定」を参照してください。

また、Organization のオーナーは、Organization 全体にわたって、特定の設定およびアクセスをさらに制限することも選択できます。 特定の設定についてのオプションに関する詳細は、Organization の設定を管理する」を参照してください。

Organization レベルの設定を管理することに加え、Organization のオーナは Organization が所有するすべてのリポジトリの管理者権限を持っています。 詳細は「Organization の権限レベル」を参照してください。

警告: 誰かがリポジトリにデプロイキーを追加すると、そのリポジトリに対しては、秘密鍵を持つユーザであれば (鍵の設定によっては) 誰でも読み取りや書き込みができます。そのユーザが後に Organization から削除されても同じです。

各権限レベルが可能なリポジトリへのアクセス

リポジトリアクションRead 権限Write 権限Admin 権限
個人または Team の割り当てリポジトリからのプル (読み取り)XXX
個人または Team の割り当てリポジトリのフォーク (コピー)XXX
コミット、プルリクエスト、Issue についての自分によるコメントの編集と削除XXX
Issue のオープンXXX
自分でオープンした Issue のクローズXXX
自分でクローズした Issue を再オープンXXX
自分に割り当てられた Issue の取得XXX
Team の割り当てリポジトリのフォークからのプルリクエストの送信XXX
プルリクエストについてのレビューのサブミットXXX
公開済みリリースの表示XXX
wiki の編集XXX
個人または Team の割り当てリポジトリへのプッシュ (書き込み)XX
コミット、プルリクエスト、Issue についての他者によるコメントの編集と削除XX
他者によるコメントの非表示XX
会話のロックXX
ラベルとマイルストーンの適用XX
すべての Issue のクローズ、再オープン、割り当てXX
リポジトリに指定されたコードオーナーとしてのアクションXX
プルリクエストのドラフトに、レビューの準備ができたことを示すマークを付けるXX
プルリクエストのレビューの要求XX
プルリクエストのマージ可能性に影響するレビューのサブミットXX
プルリクエストに対して提案された変更の適用(詳細については「プルリクエストでのフィードバックを取り込む」を参照)XX
ステータスチェックの作成XX
リリースの作成と編集XX
ドラフトリリースの表示XX
Issue の削除 (「Issue を削除する」を参照)X
保護されたブランチでのプルリクエストのマージ(レビューの承認がなくても)X
リポジトリのコードオーナーの定義X
リポジトリの説明の編集X
Topics の管理X
リポジトリソーシャルカードの作成および編集 (詳細については「リポジトリのソーシャルメディア向けプレビューをカスタマイズする」を参照)X
リポジトリを Team に追加する (詳細は「Organization リポジトリへの Team のアクセスを管理する」を参照)X
外部のコラボレータのリポジトリへのアクセスの管理 (詳細については「外部のコラボレータを Organization のリポジトリに追加する」を参照)X
リポジトリの可視性の変更(詳細については「Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する」を参照)X
リポジトリのテンプレート化 (「テンプレートリポジトリを作成する」を参照)
リポジトリ設定の変更X
Team およびコラボレータのリポジトリへのアクセス管理X
リポジトリのデフォルトブランチ編集X
Webhookおよびデプロイキーの管理X
リポジトリのフォークポリシーを管理するX
リポジトリの Organization アカウントへの移譲(詳細については[Organization 内でリポジトリの作成を制限する」を参照)X
リポジトリの削除や移譲 (詳細については「Organization のリポジトリを削除や移譲する権限を設定する」を参照)X
リポジトリのアーカイブX

参考リンク

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください