👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Issue だけのリポジトリの作成

GitHub Enterpriseでは Issue に限定されたアクセス権限は存在しませんが、Issue 専用のリポジトリを作成すれば、実質的にそのようなアクセス権限を設定できます。

探していたものは見つけられましたか?

  1. private リポジトリを作成し、プロジェクトのソースコードをホストします。
  2. Issue トラッカーをホストするための権限を持つ 2 番目のリポジトリを作成します。
  3. このリポジトリの目的を説明し、Issue セクションと結びつける README ファイルを Issue リポジトリに追加します。
  4. 思うようにコラボレーターまたは Team にリポジトリへのアクセスを付与するよう設定します。

どちらにも書き込みアクセスのあるユーザは、リポジトリ間でお互いに Issue を引用して閉じることができます。ただし、必要な権限がない場合は最低限の情報だけの参照を見ることしかできません。

たとえば、プライベートリポジトリのデフォルトブランチに Fixes organization/public-repo#12 というメッセージをつけてコミットをプッシュした場合、Issue は閉じられますが、Issue を閉じたコミットを示すリポジトリ間の参照は、適切な権限を持っているユーザだけしか見られません。 権限がなくても参照は表示されますが、詳細は省略されます。

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください