👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

変更したファイルの GitHub での表示方法をカスタマイズする

特定のファイルをデフォルトで diff に表示しない、またはリポジトリの言語として考えないようにするために、 .gitattributes ファイルで linguist-generated 属性を使ってマークできます。

.gitattributes ファイルを使って、特定の属性で指定した「パターン」と一致するファイルをマークします。 .gitattributes ファイルでは .gitignore ファイルと同じマッチングルールが使用されます。 詳細は Git ドキュメント「PATTERN FORMAT」を参照してください。

  1. .gitattributes ファイルが存在しない場合は、リポジトリのルートに .gitattributes ファイルを作成します。

  2. linguist-generated 属性を使って、リポジトリの言語統計に含めず、デフォルトで diff で非表示にしたいパスをマークする、またはパスのマークを解除します。

    たとえば、search/index.json を自動生成されたファイルとしてマークするには、.gitattributes にこの行を追加します:

    search/index.json linguist-generated=true
    

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください