👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

新しいファイルの作成

GitHub Enterprise上で書き込みアクセスを持つリポジトリであればどこにでも直接、新しいファイルを作成できます。

GitHub Enterprise上でファイルを作成するときは、以下にご注意ください:

警告: リモートリポジトリには、決してセンシティブな情報をgit addcommitpushしないでください。 センシティブな情報には以下が含まれますが、以下に限定はされません。

詳細は「センシティブなデータをリポジトリから削除する」を参照してください。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. 自分のリポジトリで、ファイルを作成するフォルダへ移動します。

  3. ファイルの一覧の上にある Create new file(新規ファイルの作成)をクリックしてください。

    新規ファイルボタン

  4. ファイル名フィールドにファイル名と拡張子を入力します。 サブディレクトリを作成するには、ディレクトリの区切り文字 / を入力します。

    新しいファイルの名前

  5. [Edit new file] タブで、ファイルにコンテンツを追加します。

    新しいファイルのコンテンツ

  6. 新しいコンテンツを見直すには、[Preview] をクリックします。

    [New file preview] ボタン

  7. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。

    変更のコミットメッセージ

  8. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチが master であれば、コミット先として新しいブランチを作成することを選択し、続いてプルリクエストを作成しなければなりません。 詳しい情報については「新しいプルリクエストの作成」を参照してください。

    コミットブランチのオプション

  9. Propose new file(新規ファイルの提案)をクリックしてください。

    新規ファイルの提案ボタン

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください