ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

OSX キーチェーンから認証情報を更新する

GitHub Enterprise でユーザ名、パスワード、たまは個人アクセストークンを変更した場合は、保存されている認証情報を git-credential-osxkeychain ヘルパーで更新する必要があります。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Password-based authentication for Git is deprecated, and we recommend using a personal access token (PAT) when prompted for a password instead, which is more secure. Treat your token just like a password. 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

キーチェーンアクセスを介して認証情報を更新する

  1. [Finder] で、Keychain Access アプリケーションを検索します。
    スポットライト検索バー
  2. キーチェーン Access で、[hostname] を探してください。
  3. [hostname] の「internet password」エントリを見つけてください。
    キーチェーンの GitHub パスワード入力内容
  4. 適宜、エントリを編集または削除します。

コマンドラインで認証情報を削除する

コマンドラインを通じて、認証情報ヘルパーを使ってキーチェーン エントリを直接、削除できます。

これを行うために、次のコマンドを入力してください:

$ git credential-osxkeychain erase
host=hostname
protocol=https
> [Press Return]

成功した場合、何もプリントアウトされません。 動作をテストするには、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス からリポジトリをクローンしてみます。 パスワードを尋ねられた場合、キーチェーンは削除されています。

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください