ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

他のリポジトリへ Issue を移譲する

より適しているリポジトリに Issue を移動するため、オープン Issue を他のリポジトリに移譲できます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

他のリポジトリにオープン Issue を移譲するには、Issue のあるリポジトリおよびその Issue の移譲先のリポジトリの書き込み権限が必要です。 詳細は「Organization のためのリポジトリ権限レベル」を参照してください。

同じユーザまたは Organization アカウントが所有するリポジトリ間においてのみ、Issue を移譲できます。 プライベートリポジトリからパブリックリポジトリへは、Issue を移譲できません。

Issueを委譲する場合、コメントとアサインされた人は保持されます。 Issueのラベル、プロジェクト、マイルストーンは保持されません。

Issue でメンションされた人や Team は、Issue が新しいリポジトリに移譲されたことを知らせる通知を受け取ります。 当初の URL は、新しい Issue の URL にリダイレクトします。 新しいリポジトリの読み取り権限がない人には、アクセスできない新しいリポジトリに Issue が移譲されたことを知らせるバナーが表示されます。

他のリポジトリへオープン Issue を移譲する

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Issuesをクリックしてください。
    Issueタブ
  3. Issue のリストで、移譲したい Issue をクリックします。
  4. 右のサイドバーで [Transfer this issue] をクリックします。
    Issue を移譲するボタン
  5. [Choose a repository] ドロップダウンメニューで、Issue の移譲先にするリポジトリを選択します。
    リポジトリセレクションを選択
  6. [Transfer issue] をクリックします。
    Issue 移譲ボタン

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください