ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

GitHub 上のアクセス権限

個人のリポジトリにはコラボレータに読み取り/書き込みアクセスを許可できる一方、Organization のメンバーは、Organization のリポジトリに対してより精細なアクセス権限を持つことができます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

個人ユーザアカウント

ユーザアカウントが所有するリポジトリは、リポジトリオーナーコラボレータという 2 つの権限レベルを持ちます。 詳しい情報についてはユーザアカウントのリポジトリ権限レベルを参照してください。

Organization アカウント

Organization のメンバーは、owner (オーナー)あるいはmember (メンバー) ロールを持つことができます。 オーナーは、Organization に対する完全な管理者アクセスを持ちます。 メンバーは、その他の人のデフォルトのロールです。 Team を使って、複数のメンバーのアクセス権限を一度に管理できます。 詳しい情報については、以下を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください