ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Git が常にパスワードを要求するのはなぜですか?

GitHub とやり取りしようとするたびに Git がユーザ名とパスワードの入力を求めてくる場合は、おそらくリポジトリに HTTPS クローン URL を使用しています。

Did this doc help you?

HTTPS リモート URL を使用すると、 SSH を使用するときと比べていくつかの利点があります。 SSH よりも、設定が簡単です。 通常は厳密なファイアウォールやプロキシを介して動作します。 ただし、リポジトリをプルまたはプッシュするたびに GitHub の認証情報を入力するように求められます。

認証情報をキャッシュするよう Git を設定すれば、パスワードの入力を求められなくなります。 Password-based authentication for Git is deprecated, and we recommend using a personal access token (PAT) when prompted for a password instead, which is more secure. Treat your token just like a password. 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

認証情報のキャッシュを設定すると、HTTPS を使用してリポジトリをプルまたはプッシュするとき、Git は自動的にパスワードではなくキャッシュされた個人アクセストークンを使用します。

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください