👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

保護されたブランチについて

保護されたブランチは、リポジトリのコラボレーターが回復不能な変更をブランチに行えないようにしてくれます。 保護されたブランチを有効にすると、ステータスチェック必須やレビュー必須といった他のオプションのチェックや必須事項を有効にすることもできるようになります。

保護されたブランチは、GitHub Free 及びGitHub FreeのOrganizationではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

デフォルトでは、head ブランチがベースブランチとコンフリクトしていない限り、どのプルリクエストもいつでもマージできます。 プルリクエストのリポジトリへのマージ方法に制限を適用することができます。

リポジトリのオーナーおよびリポジトリの管理権限を持つ人は、コラボレーターがリポジトリでブランチをマージする前に特定のワークフローや必須事項を強制できます。そのためには保護されたブランチのルールを作成します。

リポジトリ中のブランチルールは、特定のブランチ、すべてのブランチ、fnmatch構文で指定された名前のパターンにマッチするブランチに対して作成できます。 たとえばreleaseという語を含むブランチに対し、マージ前に最低でも2つのプルリクエストレビューを必須とするなら、*release*に対してブランチルールを作成できます。詳しい情報については保護されたブランチの設定を参照してください。

保護されたブランチのルールの優先順位付け

リポジトリが同じブランチに影響する複数の保護されたブランチのルールを持っているなら、特定のブランチ名を含むルールがもっとも高い優先順位を持ちます。 同じ特定のブランチ名を参照する保護されたブランチのルールが複数あるなら、最初に作成されたブランチルールが高い優先順位を持ちます。

*?]などの特殊文字を含む保護されたブランチのルールは、作成された順序で適用されるので、これらの文字を持つ古いルールが高い優先順位を持ちます。

ブランチの保護の設定

リポジトリでブランチ保護ルールを作成する場合、コラボレータは保護されたブランチへフォースプッシュしたり、ブランチを削除したりすることはできません。 他のブランチ保護設定を有効にすることができます。 詳細については、「プルリクエストのマージ可能性を定義」を参照してください。

参考リンク

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください