👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

コミットビュー間の違い

探していたものは見つけられましたか?

GitHub Enterpriseでは、以下の方法によりリポジトリのコミット履歴を表示できます。

時として、この2通りのコミットビューに異なる情報が表示されることに気づくことがあるかもしれません。 単一ファイルの履歴では、リポジトリのコミット履歴で見つかったコミットが省略される可能性があります。

Gitにはリポジトリの履歴を表示するためにいくつかの方法が備わっています。 単一ファイルの履歴を表示するとき、Gitはファイルを変更しなかったコミットを省略することで履歴を簡素化します すべてのコミットを見てそれぞれがファイルに変化を与えたか判断するのではなく、Gitはマージしたブランチがファイルの最終コンテンツに影響を与えていない場合は、そのブランチ全体を省略します。 ファイルに変化を与えたそのブランチ上のいかなるコミットも表示されません。

GitHub Enterpriseにおけるファイル履歴は、明示的にこの方針に従っています。 最終的な結果に貢献していないコミットを削除することにより、履歴を単純化しているのです。 たとえば、サイドブランチを変更して、その変更を打ち消した場合、そのコミットはブランチ履歴に表示されません。 これにより、ブランチのレビューがより効率的になります。ファイルに影響したコミットだけが表示されるからです。

この省略されたビューに、求めている情報が必ずしもあるとは限りません。 履歴のすべてを表示したい場合、GitHub Enterpriseは、リポジトリのコミットページについてのより豊富な情報を表示できるビューを提供しています。

Gitのコミット履歴に対する考え方に関する詳しい情報については、git logヘルプの記事「History Simplification」のセクションを参照してください。

参考リンク

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください