ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Error: Agent admitted failure to sign

ごくまれに、Linux で SSH 経由で GitHub Enterprise に接続すると、「Agent admitted failure to sign using the key」というエラーが発生する場合があります。 この問題を解決するには以下の手順に従ってください。

Did this doc help you?

Linux コンピュータで 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンスに SSH 接続しようとすると、ターミナルに以下のメッセージが表示されることがあります:

$ ssh -vT git@hostname
> ...
> Agent admitted failure to sign using the key.
> debug1: No more authentication methods to try.
> Permission denied (publickey).

詳細については、こちらの問題レポートをご覧ください。

解決策

ssh-add を使用してキーを SSH エージェントに読み込ませることでこのエラーを解決できます。

# バックグラウンドで ssh-agent を開始
$ eval "$(ssh-agent -s)"
> Agent pid 59566
$ ssh-add
> Enter passphrase for /home/you/.ssh/id_rsa: [tippy tap]
> Identity added: /home/you/.ssh/id_rsa (/home/you/.ssh/id_rsa)

キーのファイル名がデフォルト (/.ssh/id_rsa) ではない場合、そのパスを ssh-add に渡す必要があります。

# バックグラウンドで ssh-agent を開始
$ eval "$(ssh-agent -s)"
> Agent pid 59566
$ ssh-add ~/.ssh/my_other_key
> Enter passphrase for /home/you/.ssh/my_other_key: [tappity tap tap]
> Identity added: /home/you/.ssh/my_other_key (/home/you/.ssh/my_other_key)

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください