ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

GPG キーで検証済みのメールアドレスを使う

署名を検証するとき、GitHub Enterprise は、コミッターまたはタガーのメールアドレスが GPG キーの ID からのメールアドレスと一致し、ユーザアカウントの確認済みメールアドレスであることを確認します。 これにより、キーが自分のものであり、自分がコミットまたはタグを作成したことが保証されます。

Did this doc help you?

GPG キーのメールアドレスを更新または追加する必要がある場合は、「メールを GPG キーに関連付ける」を参照してください。

コミットとタグには複数のメールアドレスが含まれる場合があります。 コミットについては、作者 - コードを書いた人 - とコミッター - ツリーにコミットを追加した人がいます。 マージ中、チェリーピック中、あるいは通常の git commit のいずれであっても、Git でコミットに署名すると、作者のメールアドレスがそうでなくても、コミッターのメールアドレスがあなたのものになります。 タグの方が簡単です: タガーのメールアドレスは常にタグを作成したユーザです。

コミッターまたはタガーのメールアドレスを変更する必要がある場合は、「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください