ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

GitHub で Jupyter notebook ファイルを使って作業する

Jupyter Notebook または IPython Notebook ファイルに .ipynb 拡張子を付けて 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス に追加すると、それらはリポジトリに静的 HTML ファイルとしてレンダリングされます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

カスタム JavaScript プロットなど、Notebook のインタラクティブ機能は、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス のリポジトリでは機能しません。 例については、リンキングおよび Interactions.ipynb を参照してください。

レンダリングした JavaScript コンテンツで Jupyter notebook を表示する、または、notebook ファイルを他のユーザーと共有する場合、nbviewer を使用できます。 例については、nbviewerでレンダリングされたリンキングおよびInteractions.ipynb を参照してください。

Jupyter notebook の完全にインタラクティブなバージョンを表示するには、notebook サーバーをローカルに設定します。 詳細は Jupyter の公式ドキュメントを参照してください。

トラブルシューティング

Jupyter notebook ファイルを静的 HTML でレンダリングできない場合は、nbconvert コマンドを使用してコマンドラインでローカルにファイルを変換できます:

$ jupyter nbconvert --to html NOTEBOOK-NAME.ipynb

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください