👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

期限切れ GPG キーを更新する

署名を検証するとき、GitHub Enterprise は、キーが取り消しまたは期限切れになっていないか確認します。 もしサインインのキーが取り消しまたは期限切れになっている場合、GitHub Enterprise は、お客様の署名を検証できません。 キーが取り消されている場合、プライマリーまたは取り消されていない他のキーを使って、コミットに署名します。

キーが期限切れの場合、期限を更新し、新しいキーをエクスポートし、GitHub アカウントから期限切れのキーを削除し、Github に新しいキーをアップロードする必要があります。 キーが他のすべての検証の要件を満たしている限り、過去のコミットとタグは、検証済みとして表示されます。

キーが無効でキーセットに他に有効なキーを所有していないが、新しいクレデンシャルのセットで新しい GPG キーを作成した場合、取り消されたまたは期限切れのキーで作成されたコミットは、未検証として表示され続けます。 また、古いコミットやタグを新しいクレデンシャルで再署名したり検証したりすることはできません。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください