ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

リモートの追加

新しいリモートを追加するには、リポジトリが保存されているディレクトリでターミナルから git remote add コマンドを使ってください。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

git remote add コマンドは 2 つの引数を取ります:

  • リモート名。たとえば origin
  • リモート URL。たとえば https://[hostname]/user/repo.git

例:

$ git remote add origin https://hostname/user/repo.git
# 新しいリモートの設定

$ git remote -v
# 新しいリモートの検証
> origin  https://hostname/user/repo.git (fetch)
> origin  https://hostname/user/repo.git (push)

どの URL を使うべきかわかりませんか? どのリモート URL を使うべきかを参照してください。

トラブルシューティング

リモートを追加しようとすると、以下のエラーが生じることがあります。

Remote name already exists

このエラーは、ローカルのリポジトリにすでに存在している名前でリモートを追加しようとしたということです。

$ git remote add origin https://hostname/octocat/Spoon-Knife
> fatal: remote origin already exists.

これを修正するには、以下の方法があります:

参考リンク

Did this doc help you?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください