Skip to main content

Organizationのロール

Organizationのオーナーは、個人やTeamにロールを割り当て、Organizationにおける様々な権限セットを与えることができます。

ロールについて

リポジトリでの pull request の作成や Organization の支払い設定の変更など、GitHub でなんらかのアクションを行うには、ユーザーは関連するアカウントやリソースに対する十分なアクセス権を持っている必要があります。 このアクセスは、権限によって制御されます。 権限は、特定のアクションを行える能力です。 たとえばIssueを削除する能力は権限です。 ロールは、個人やTeamに割り当てることができる権限のセットです。

リポジトリレベルのロールは、Organizationのメンバー、外部のコラボレータ、Teamのメンバーに対し、リポジトリへの様々なレベルのアクセスを付与します。 詳細については、「Organization のリポジトリ ロール」を参照してください。

Teamレベルのロールは、Teamを管理する権限を付与するロールです。 Teamの個々のメンバーにチームメンテナロールを付与できます。これは、Teamに対する多くの管理権限をメンバーに付与するものです。 詳細については、「Team メンバーへのチーム メンテナ ロールの割り当て」を参照してください。

Organizationレベルのロールは、OrganizationやOrganizationのリポジトリ、Team、設定を管理してもらうために個人もしくはTeamに付与する権限のセットです。 Organization レベルで使用できるすべてのロールの詳細については、「Organization ロールについて」を参照してください。

Organizationロールについて

個人やTeamに対して様々なOrganizationレベルのロールを付与して、Organization及びそのリソースに対するメンバーのアクセスを制御してもらうことができます。 各ロールに含まれる個々の権限の詳細については、「Organization ロールの権限」を参照してください。

組織所有者

Organizationオーナーは、Organizationに対する完全な管理アクセスを持ちます。 このロールは制限する必要がありますが、Organization で少なくとも 2 人は指定する必要があります。 詳細については、「Organization の所有権の継続性を管理する」を参照してください。

Organizationメンバー

デフォルトの、Organizationのメンバーの非管理ロールはOrganizationメンバーです。 デフォルトでは、Oraganizationのメンバーはリポジトリやプロジェクトボードの作成を含むいくつもの権限を持ちます。

セキュリティマネージャー

注: セキュリティ マネージャーロールはパブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

セキュリティ マネージャーは、Organization の所有者が Organization 内の任意の Team に割り当てることができる Organization レベルのロールです。 適用すると、Team のすべてのメンバーに、Organization 全体のセキュリティ アラートと設定を管理するためのアクセス許可と、Organization 内のすべてのリポジトリの読み取りアクセス許可が付与されます。

Organizationがセキュリティチームを持っているなら、そのTeamのメンバーにOrganizationへの最小限のアクセスを付与するためにセキュリティマネージャーのロールを使うことができます。 詳細については、「Organization でのセキュリティ マネージャーの管理」を参照してください。

GitHub App マネージャー

デフォルトでは、OrganizationのオーナーだけがOrganizationの所有するGitHub Appsの設定を管理できます。 Organizationが所有するGitHub Appsを管理するユーザを追加するために、オーナーはユーザにGitHub Appマネージャーの権限を付与できます。

OrganizationでのGitHub Appマネージャーにユーザを指定すると、Organizationが所有する一部あるいはすべてのGitHub Appsの設定を管理するアクセスを付与することになります。 詳細については、次を参照してください。

外部コラボレーター

リポジトリへのアクセスを許可している間、Organization のデータを安全に保つために、"外部コラボレーター" を追加することができます。 外部のコラボレータは、Organizationの1つ以上のリポジトリへのアクセス権を持ちますが、明示的にはOrganizationのメンバーになっていない、コンサルタントや一時的な被雇用者といった人です。 詳細については、次を参照してください。

Organizatonロールの権限

Organization のアクション所有者メンバーセキュリティマネージャー
Organization に参加するようユーザを招待するX
Organization に参加する招待を編集およびキャンセルするX
Organization からメンバーを削除するX
以前のメンバーを Oraganization に復帰させるX
すべての Team のユーザーを追加および削除するX
Organization メンバーを "チーム メンテナ" に昇格させるX
コード レビューの割り当てを構成する (「Team のコード レビュー割り当ての管理」を参照)X
すべてのリポジトリ にコラボレーターを追加するX
Organization 参加ログにアクセスするX
Organization のプロファイル ページを編集する (「Organization のプロフィールについて」を参照)X
すべての用語 を削除するX
すべてのリポジトリを含めて Organization のアカウントを削除するX
Team を作成する (「Organization のチーム作成権限を設定する」を参照)XXX
Organization の全メンバーおよび Team の表示XXX
表示されている Team を @mention するXXX
"チーム メンテナ" に指定できるXXX
リポジトリを移譲するX
セキュリティと分析の設定を管理する (「Organization のセキュリティと分析設定を管理する」を参照)XX
Organization の SSH 認証局を管理する (「Organization の SSH 認証局を管理する」を参照)X
プロジェクト ボードを作成する (「Organization のプロジェクト ボード権限」を参照)XXX
パブリック Team ディスカッションを表示して すべての Team に投稿する (「Team ディスカッションについて」を参照)XXX
プライベート Team ディスカッションを表示して すべての Team に投稿する (「Team ディスカッションについて」を参照)X
すべての Team で Team ディスカッションを編集および削除する (詳細については、「混乱を生むコメントを管理する」を参照)X
コミット、Pull Request、および Issue に関するコメントを非表示にする (「混乱を生むコメントを管理する」を参照)XXX
Organization の Team ディスカッションを無効にする (「 Organization の Team ディスカッションを無効にする」を参照)X
すべての Team で Team のプロフィール画像を設定する (「Team のプロフィール画像を設定する」を参照)X
Organization の階層で Team を移動するX
Organization にある "すべてのリポジトリ" のプル (読み取り) を行うXX
Organization にある "すべてのリポジトリ" のプッシュ (書き込み) とクローン作成 (コピー) を行うX
Organization のメンバーを外部のコラボレーターに変換するX
Organization リポジトリへのアクセス権がある人を表示するX
Organization リポジトリへのアクセス権がある人のリストをエクスポートするX
既定のラベルを管理する (「Organization 内のリポジトリのためのデフォルト ラベルを管理する」を参照)X
IP 許可リストの管理 (「Enterprise へのネットワーク トラフィックを制限する」を参照)X

参考資料