Skip to main content

外部のコラボレーターを追加するための権限を設定する

Organization のデータを保護し、Organization 内で使用されている有料ライセンスの数が無駄遣いされないようにするために、外部コラボレーターを Organization のリポジトリに追加できる人を構成できます。

デフォルトでは、リポジトリへの管理アクセスを持つ人は、そのリポジトリで作業してもらうために外部のコラボレータを招待できます。 外部のコラボレータを追加する機能は、Organizationのオーナーのみに制限することもできます。

注: GitHub Enterprise Cloud を使う Organization だけが、外部のコラボレータを招待する機能を Organization のオーナーに制限できます。 GitHub Enterprise Cloud を無料で試す方法の詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の試用版を設定する」を参照してください。

Organization がエンタープライズアカウントによって所有されているとき、エンタープライズ所有者がエンタープライズレベルでポリシーを設定している場合、Organization にこの設定を構成できないことがあります。 詳しくは、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する(/admin/policies/enforcing-policies-for-your-enterprise/enforcing-repository-management-policies-in-your-enterprise#enforcing-a-policy-for-inviting-collaborators-to-repositories)"」を参照してください。

外部コラボレーターをプライベート または内部のリポジトリに追加すると、有料ライセンスのいずれかが使用されます。 詳細については、「ユーザーごとの価格について」を参照してください。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  2. In the "Access" section of the sidebar, click Member privileges.

  3. [リポジトリの外部コラボレータ] で [この Organization のリポジトリに外部コラボレータを招待することをリポジトリ管理者に許可する] の選択を解除します。 外部コラボレータを Organization リポジトリに招待することをリポジトリ管理者に許可するためのチェックボックス

  4. [保存] をクリックします。