Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization 内の GitHub Actions アーティファクトとログの保持期間を設定する

Organization 内の GitHub Actions アーティファクトとログの保持期間を設定することができます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持の期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。

  • For private and internal repositories: you can change this retention period to anywhere between 1 day or 400 days.

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

Organization の保持期間を設定する

  1. GitHub.comで、Organizationのメインページにアクセスしてください。
  2. Organization 名の下で、クリックします Settings. Organizationの設定ボタン
  3. In the left sidebar, click Actions, then click General.
  4. Under Artifact and log retention, enter a new value.
  5. Save(保存)をクリックして、変更を適用してください。