Skip to main content

Organization の SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする

Organization のアイデンティティプロバイダを利用できない場合でも変わりなく GitHub Enterprise Cloud にアクセスできるよう、Organization の管理者は Organization 用に SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする必要があります。

リカバリコードは共有や配布しないでください。 これらを LastPass1Password などのパスワード マネージャーで保存することをお勧めします。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  2. In the "Security" section of the sidebar, click Authentication security.

  3. [SAML シングル サインオン] の下のリカバリ コードに関するメモで、 [リカバリ コードを保存] をクリックします。 リカバリ コードを表示して保存するリンク

  4. [ダウンロード][印刷][コピー] のいずれかをクリックしてリカバリ コードを保存します。 リカバリ コードをダウンロード、印刷、またはコピーするボタン

    注: リカバリ コードがあれば IdP を使用できないときに GitHub Enterprise Cloud に戻れます。 新しいリカバリコードを生成すると、「シングルサインオンのリカバリコード」ページに表示されているリカバリコードは自動的に更新されます。

  5. リカバリコードを GitHub Enterprise Cloudへのアクセス回復のために一度使用すると、再利用はできません。 GitHub Enterprise Cloud へのアクセスは、シングルサインオンを使用してサインインするか聞かれるまでの 24 時間だけ有効です。

参考資料