Organization の SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする

Organization のアイデンティティプロバイダを利用できない場合でも変わりなく GitHub Enterprise Cloud にアクセスできるよう、Organization の管理者は Organization 用に SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする必要があります。

リカバリコードは共有や配布しないでください。 We recommend saving them with a password manager such as LastPass or 1Password.

  1. In the top right corner of GitHub.com, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization

  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン

  3. 左のサイドバーでOrganization security(Organizationのセキュリティ)をクリックしてください。

    Organizationのセキュリティ設定

  4. [SAML single sign-on] の下にあるリカバリコードに関する注意書きの [Save your recovery codes] をクリックします。 リカバリコードを表示し保存するリンク

  5. [Download]、[Print]、または [Copy] をクリックしてリカバリコードを保存します。 リカバリコードをダウンロード、印刷、コピーするボタン

    メモ: リカバリコードがあれば IdP を使用できないときに GitHub Enterprise Cloudに戻れます。 新しいリカバリコードを生成すると、「シングルサインオンのリカバリコード」ページに表示されているリカバリコードは自動的に更新されます。

  6. リカバリコードを GitHub Enterprise Cloudへのアクセス回復のために一度使用すると、再利用はできません。 GitHub Enterprise Cloud へのアクセスは、シングルサインオンを使用してサインインするか聞かれるまでの 24 時間だけ有効です。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?