Skip to main content

組織アカウントを削除する

Organization アカウントは GitHub.com でいつでも削除できます。

Who can use this feature?

Organization owners can delete an organization.

Organization アカウントの削除について

ヒント: 有料サブスクリプションをキャンセルする場合は、Organization とそのコンテンツを削除する代わりに、Organization を GitHub Free にダウングレードできます。

Organization アカウントを削除すると、リポジトリ、プライベート リポジトリのフォーク、ウィキ、Issue、Pull Request、プロジェクトページや Organization ページもすべて削除されます。 支払いは終了し、90 日後に組織名は新しいユーザーもしくは組織アカウントで利用できるようになります。

ヒント: 組織名を変更する場合は、同じ名前の新しい組織をすぐに作成できます。 詳しくは、「Organization の名前を変更する」を参照してください。

GitHub Marketplace に記載されているアクションが含まれるパブリック リポジトリか、削除前の週に GitHub Actions が 100 回以上複製されたか、100 回以上使用されているパブリック リポジトリがアカウント名前空間に含まれる場合、GitHub では、アカウントの削除時、所有者の名前とリポジトリの名前の組み合わせ (OWNER/REPOSITORY-NAME) が完全に廃止となります。

GitHub Packages レジストリに保存されているパッケージまたはコンテナー イメージがアカウントの名前空間に含まれている場合、ご利用のアカウントを削除すると、GitHub によって該当するパッケージとコンテナー イメージも削除されます。 ご利用のアカウントを削除すると、これらのパッケージやイメージに依存しているプロジェクトが中断される可能性があります。

アカウントの名前空間にダウンロード数が 5,000 を超えるパブリック コンテナー イメージが含まれている場合、アカウントを削除すると、これらのコンテナー イメージ (NAMESPACE/IMAGE-NAME) のフルネームが完全に廃止され、今後そのコンテナー イメージ名は再利用できなくなります。

削除する代わりに、組織をアーカイブすることもできます。 アーカイブした組織は、読み取り専用になります。 詳しくは、「組織のアーカイブ」を参照してください。

Organization コンテンツをバックアップする

Organization を削除すると、GitHub はコンテンツを復元できません。 したがって、Organization を削除する前に、アカウントからすべてのリポジトリ、ウィキ、Issue、プロジェクトのコピーがあることを確認してください。

Organization アカウントを削除する

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. [危険区域] セクションで [この Organization を削除する] をクリックします。

  4. 警告を読みます。 続行する場合、Organization の名前を入力し、 [プランを取り消して Organization を削除する] をクリックします。