Skip to main content

Organization での操作を制限する

Organization が所有するすべてのパブリックリポジトリ内の特定のユーザに対して、一定期間アクティビティ制限を適用することができます。

Who can use this feature

Organization owners and moderators can limit interactions in an organization.

一時的なインタラクションの制限について

Organization 内のインタラクションを制限すると、Organization が所有するすべてのパブリックリポジトリに対して一時的なインタラクション制限が有効になります。 リポジトリのインタラクション制限を有効にすると、特定のユーザのコメント、Issueのオープン、Pull Requestの作成、絵文字での反応、既存のコメントの編集、Issue及びPull Requestのタイトルの編集を制限できます。

インタラクションの制限を有効化する際には、制限の期間を24時間、3日間、1週間、1ヶ月、6ヶ月から選択できます。 制限期間が過ぎると、Organization はパブリックリポジトリで通常のアクティビティを再開できます。

インタラクション制限には3種類あります。

  • 既存のユーザーに対する制限: 作成してから 24 時間経過していないアカウントで、以前のコントリビューションがなく、コラボレーターではないユーザーのアクティビティを制限します。
  • 以前のコントリビューターに対するへの制限: リポジトリの既定のブランチに以前にコントリビュートしたことがなく、コラボレーターではないユーザーのアクティビティを制限します。
  • リポジトリのコラボレーターに対する制限: リポジトリへの書き込みアクセスをもっていないユーザーのアクティビティを制限します。

Organization のメンバーは、いずれの制限タイプの影響も受けません。

Organization 全体でアクティビティ制限を有効にした場合、個々のリポジトリに対して操作制限を有効化または無効化することはできません。 個々のリポジトリのアクティビティの制限の詳細については、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。

Organization のオーナーとモデレーターは、特定の期間だけユーザーをブロックすることもできます。 ブロックの期間が過ぎると、自動的にユーザのブロックは解除されます。 詳細については、「Organization からのユーザーのブロック」を参照してください。

Organization での操作を制限する

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  2. Organization のオーナーの場合: サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ モデレート] を選択してから、 [インタラクションの制限] をクリックします。

    Organization のモデレーターの場合: サイドバーで [インタラクションの制限] をクリックします。

  3. [一時的なインタラクションの制限] で、設定したいインタラクションの制限の種類の右側にある [有効] ドロップダウン メニューを使って、インタラクションの制限の期間をクリックします。 一時的なインタラクションの制限オプション

参考資料