Skip to main content

アイデンティティプロバイダを Organization に接続する

SAML シングルサインオンおよび SCIM を使うには、あなたのアイデンティティプロバイダ(IdP)を、GitHub Enterprise Cloud上のあなたのOrganizationに接続する必要があります。

IdPのOrganizationへの接続について

GitHub Enterprise Cloud OrganizationでSAML SSOを有効化すると、アイデンティティプロバイダ(IdP)をOrganizationに接続することになります。 詳細は「Organization での SAML シングルサインオンの有効化とテスト」を参照してください。

Note: To use SAML single sign-on, your organization must use GitHub Enterprise Cloud. For more information about how you can try GitHub Enterprise Cloud for free, see "Setting up a trial of GitHub Enterprise Cloud."

IdPのSAML及びSCIMの実装の詳細は、IdPのドキュメンテーションにあります。

  • Active Directory フェデレーションサービス (AD FS): SAML
  • Azure Active Directory (Azure AD): SAML および SCIM
  • Okta: SAML および SCIM
  • OneLogin: SAML および SCIM
  • PingOne: SAML
  • Shibboleth: SAML

メモ: GitHub Enterprise Cloud がサポートする SCIM アイデンティティプロバイダは Azure AD、Okta、OneLogin です。 SCIMに関する詳しい情報については「OrganizationのSCIMについて」を参照してください。

You cannot use this implementation of SCIM with an enterprise account or with an organization with managed users. If your enterprise is enabled for Enterprise Managed Users, you must use a different implementation of SCIM. Otherwise, SCIM is not available at the enterprise level. For more information, see "Configuring SCIM provisioning for Enterprise Managed Users."

SAMLのメタデータ

OrganizationのSAMLメタデータに関する詳しい情報については「SAML設定のリファレンス」を参照してください。