アイデンティティプロバイダを Organization に接続する

SAML シングルサインオンおよび SCIM を使うには、あなたのアイデンティティプロバイダを、あなたの GitHub Enterprise Cloud Organization に接続する必要があります。

When you enable SAML SSO for your GitHub Enterprise Cloud organization, you connect your identity provider (IdP) to your organization. 詳細は「Organization での SAML シングルサインオンの有効化とテスト」を参照してください。

You can find the SAML and SCIM implementation details for your IdP in the IdP's documentation.

  • Active Directory フェデレーションサービス (AD FS): SAML
  • Azure Active Directory (Azure AD): SAML および SCIM
  • Okta: SAML および SCIM
  • OneLogin: SAML および SCIM
  • PingOne: SAML
  • Shibboleth: SAML

You can access your organization's service provider metadata at the following URL, replacing ORGANIZATION with your organization's username.

http(s)://github.com/orgs/ORGANIZATION/saml/metadata.xml

メモ: GitHub Enterprise Cloud がサポートする SCIM アイデンティティプロバイダは Azure AD、Okta、OneLogin です。 SCIMでのユーザアクセスのプロビジョニングとプロビジョニング解除は、Enterpriseアカウントでは利用できません。 SCIMに関する詳しい情報については、「SCIM について 」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?