Skip to main content

アイデンティティプロバイダを Organization に接続する

この記事では、次の項目が扱われます。

SAML シングル サインオンおよび SCIM を使うには、ご利用の ID プロバイダー (IdP) を、GitHub Enterprise Cloud の Organization に接続する必要があります。

Organization への IdP の接続について

GitHub Enterprise Cloud OrganizationでSAML SSOを有効化すると、アイデンティティプロバイダ(IdP)をOrganizationに接続することになります。 詳細については、「Organization 向けの SAML シングル サインオンを有効化してテストする」を参照してください。

注: SAML シングル サインオンを使うには、Organization で GitHub Enterprise Cloud を使用している必要があります。 GitHub Enterprise Cloud を無料で試す方法の詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の試用版を設定する」を参照してください。

IdPのSAML及びSCIMの実装の詳細は、IdPのドキュメンテーションにあります。

  • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) SAML
  • Azure Active Directory (Azure AD) SAMLSCIM
  • Okta SAMLSCIM
  • OneLogin SAMLSCIM
  • PingOne SAML
  • Shibboleth SAML

注: GitHub Enterprise Cloud でサポートされる SCIM 用の ID プロバイダーは、Azure AD、Okta、OneLogin です。 SCIM について詳しくは、「Organization の SCIM について」をご覧ください。

この SCIM 実装は、エンタープライズ アカウントまたは organization with managed users では使えません。 エンタープライズで Enterprise Managed Users が有効になっている場合、SCIM の別の実装を使う必要があります。 それ以外の場合、SCIM はエンタープライズレベルでは使えません。 詳しくは、「Enterprise Managed Users の SCIM プロビジョニングの構成」を参照してください。

SAMLのメタデータ

Organization の SAML メタデータについて詳しくは、「SAML 構成リファレンス」をご覧ください。