Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization 内でリポジトリの作成を制限する

Organization のデータを保護するために、Organization 内でリポジトリを作成するための権限を設定できます。

メンバーが Organization でリポジトリを作成できるかどうかを選択できます。 メンバーにリポジトリの作成を許可した場合、メンバーが作成できるリポジトリの種類を選択できます。Organizationのオーナーは、常にすべての種類のリポジトリを作成できます。

Enterpriseのオーナーは、Organizatoinのリポジトリ作成ポリシーで利用できる選択肢を制限できます。 詳しい情報については、「Enterprise でのリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。

警告: この設定で制限されるのは、リポジトリを作成するときの可視性オプションだけです。後からリポジトリの可視性を変更する機能は制限されません。 詳しい情報については「Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する」を参照してください。

  1. In the top right corner of GitHub.com, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization

  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン

  3. In the "Access" section of the sidebar, click Member privileges.

  4. [Repository creation] で、1 つ以上のオプションを選択します。 リポジトリ作成のオプション

    ノート: プライベートリポジトリだけを作成できるメンバーを制限するには、OrganizationはGitHub Enterprise Cloudを使っていなければなりません。 For more information about how you can try GitHub Enterprise Cloud for free, see "Setting up a trial of GitHub Enterprise Cloud."

  5. [Save] をクリックします。