Skip to main content

私の Organization に所属する人のためにアカウントを作成できますか?

自分が作成したOrganizationにユーザを追加することはできますが、他人に代わって個人アカウントを作成することはできません。

個人アカウントについて

Organizationへのアクセスは個人アカウントにログインすることによって行うので、それぞれのTeamメンバーは、自分の個人アカウントを作成しなければなりません。 Organizationに追加したい各人のユーザ名があれば、それらのユーザをTeamに追加できます。

あなたは、SAMLシングルサインオンを使い、個人アカウントが持つアイデンティティプロバイダ(IdP)を通じたOrganizationのリソースに対するアクセスを集中管理できます。 詳しい情報については、「SAMLシングルサインオンを使うアイデンティティ及びアクセス管理についてを参照してください。

Enterprise Managed Usersを検討することもできます。 Enterprise Managed Users is a feature of GitHub Enterprise Cloud that provides even greater control over enterprise members and resources. With Enterprise Managed Users, all members are provisioned and managed through your identity provider (IdP) instead of users creating their own accounts on GitHub Enterprise Cloud. Team membership can be managed using groups on your IdP. Managed users are restricted to their enterprise and are unable to push code, collaborate, or interact with users, repositories, and organizations outside of their enterprise. For more information, see "About Enterprise Managed Users."

Organization へのユーザの追加

  1. 個人アカウントを作成するよう各自に指示してください。
  2. Organization のメンバーシップを与えたい人に、ユーザー名を尋ねます。
  3. Organization に、作成された新しい個人アカウントを招待してください。 各アカウントのアクセスを制限するには、Organization ロールおよびリポジトリの権限を使用します。