Skip to main content

アイデンティティプロバイダが利用できない場合の Organization へのアクセス

アイデンティティプロバイダが利用できない場合でも、Organization の管理者はシングルサインオンをバイパスし、リカバリコードを利用して GitHub Enterprise Cloudにサインインできます。

Organization の管理者は、ダウンロードまたは保存したリカバリ コードのいずれかを使用して、シングル サインオンをバイパスできます。 これらを LastPass1Password などのパスワード マネージャーに保存した可能性があります。

回復コードは 1 回のみ使用できます。コードは連続している順序で使用する必要があります。 リカバリコードにより、アクセスが 24 時間許可されます。

  1. シングル サインオン ダイアログの下部にある [回復コードを使用する] をクリックし、シングル サインオンをバイパスします。

    回復コードを入力するためのリンクのスクリーンショット

  2. [Recovery Code] フィールドにリカバリコードを入力します。

    回復コードを入力するためのフィールドのスクリーンショット

  3. [確認] をクリックします。

    回復コードを検証するためのボタンのスクリーンショット

回復コードは使用後に無効になることにご留意ください。 リカバリコードは再利用できません。

参考資料