Skip to main content

アイデンティティプロバイダが利用できない場合の Organization へのアクセス

アイデンティティプロバイダが利用できない場合でも、Organization の管理者はシングルサインオンをバイパスし、リカバリコードを利用して GitHub Enterprise Cloudにサインインできます。

Organization の管理者は、シングルサインオンをバイパスするために、ダウンロード済み、あるいは保存済みのリカバリコードのいずれかを利用できます。 これらは、LastPassあるいは1Passwordなどのパスワードマネージャーに保存しているかもしれません。

You can only use recovery codes once and you must use your codes in consecutive order. リカバリコードにより、アクセスが 24 時間許可されます。

  1. シングルサインオンをバイパスするには、シングルサインオンダイアログの下部で、[Use a recovery code] をクリックします。

    Screenshot of the link to enter your recovery code

  2. [Recovery Code] フィールドにリカバリコードを入力します。

    Screenshot of the field to enter your recovery code

  3. [Verify] をクリックします。

    Screenshot of the button to verify your recovery code

After you've used a recovery code, make sure to note that the code is no longer valid. リカバリコードは再利用できません。

参考リンク