Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する

You can enforce policies for repository management within your enterprise's organizations, or allow policies to be set in each organization.

Enterprise owners can enforce policies for repository management in an enterprise.

Enterpriseアカウントは、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳細は「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

About policies for repository management in your enterprise

You can enforce policies to control how members of your enterprise on GitHub Enterprise Cloud manage repositories. You can also allow organization owners to manage policies for repository management. For more information, see "Creating and managing repositories and "Organizations and teams."

Enforcing a policy for base repository permissions

Across all organizations owned by your enterprise, you can set a base repository permission level (none, read, write, or admin) for organization members, or allow owners to administer the setting on the organization level.

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. Under "Base permissions", review the information about changing the setting. Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. Under "Base permissions", use the drop-down menu and choose a policy.

    リポジトリ権限ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

Enforcing a policy for repository creation

Across all organizations owned by your enterprise, you can allow members to create repositories, restrict repository creation to organization owners, or allow owners to administer the setting on the organization level. メンバーにリポジトリの作成を許可する場合は、パブリック、プライベート、内部の各リポジトリをどう組み合わせて作成するかを任意に選択できます。 インターナルリポジトリは、Enterpriseアカウントが所有するOrganization内で作成されるすべての新規リポジトリのデフォルト設定です。 詳しい情報については「内部リポジトリを作成する」を参照してください。

Organizationのオーナーは、いつでも任意の種類のリポジトリを作成でき、外部のコラボレータはいかなる種類のリポジトリも作成できません。 For more information, see "About repositories."

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. [Repository creation] で、設定変更に関する情報を読みます。 Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. [Repository creation(リポジトリの作成)] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。 リポジトリ作成ポリシーのドロップダウンメニュー

Enforcing a policy for forking private or internal repositories

Enterprise が所有しているすべての Organization 全体で、ユーザーにリポジトリのフォーク用にプライベートまたは内部リポジトリへのアクセスを許可したり、プライベートまたは内部リポジトリのフォークを一切禁止したり、オーナーが Organization レベルで設定を管理できるようにしたりすることができます。

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. Under "Repository forking", review the information about changing the setting. Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. [Repository forking] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。 リポジトリ フォーク ポリシー オプションのドロップダウンメニュー

Enforcing a policy for inviting outside collaborators to repositories

Across all organizations owned by your enterprise, you can allow members to invite outside collaborators to repositories, restrict outside collaborator invitations to organization owners, or allow owners to administer the setting on the organization level.

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. Under "Repository outside collaborators", review the information about changing the setting. Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. Under "Repository outside collaborators", use the drop-down menu and choose a policy.

    外部コラボレーター招待ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

Enforcing a policy for the default branch name

Across all organizations owned by your enterprise, you can set the default branch name for any new repositories that members create. すべての Organization 全体でそのデフォルトブランチ名を施行することも、Organization ごとに異なる名前を設定することもできます。

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. [Repository policies] タブの [Default branch name] で、新しいリポジトリに使用するデフォルトブランチ名を入力します。 デフォルトブランチ名を入力するテキストフィールド

  5. オプションで、Enterprise のすべての Organization に対してデフォルトブランチ名を施行する場合は [Enforce across this enterprise] を選択します。 [Enforcement] チェックボックス

  6. [Update] をクリックします。 [Update] ボタン

Enforcing a policy for changes to repository visibility

Across all organizations owned by your enterprise, you can allow members with admin access to change a repository's visibility, restrict repository visibility changes to organization owners, or allow owners to administer the setting on the organization level. メンバーがリポジトリの可視性を変更できないようにした場合、Enterprise のオーナーのみがリポジトリの可視性を変更できます。

Enterprise のオーナーがリポジトリの作成を Organization のオーナーのみに制限している場合、メンバーはリポジトリの可視性を変更できません。 Enterprise のオーナーがメンバーリポジトリの作成をプライベートリポジトリのみに制限している場合、メンバーはリポジトリの可視性をプライベートにのみ変更できます。 詳しい情報については、「リポジトリ作成のためのポリシーを設定する」を参照してください。

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. [Repository visibility change] で、設定変更についての情報を確認します。 Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. "Repository visibility change(リポジトリの可視性の変更)"の下で、ドロップダウンメニューを使ってポリシーを選択してください。 リポジトリの可視性のポリシーの選択肢があるドロップダウンメニュー

Enforcing a policy for repository deletion and transfer

Across all organizations owned by your enterprise, you can allow members with admin permissions to delete or transfer a repository, restrict repository deletion and transfers to organization owners, or allow owners to administer the setting on the organization level.

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. 「Repository deletion and transfer」で、設定変更に関する情報を確認します。 Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. "Repository deletion and transfer(リポジトリの削除と移譲)"の下で、ドロップダウンメニューを使ってポリシーを選択してください。 リポジトリの削除ポリシーの選択肢があるドロップダウンメニュー

Enforcing a policy for deleting issues

Across all organizations owned by your enterprise, you can allow members with admin access to delete issues in a repository, restrict issue deletion to organization owners, or allow owners to administer the setting on the organization level.

  1. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Cloudのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. [Repository policies] タブの [Repository issue deletion] で、設定変更についての情報を確認します。 Optionally, to view the current configuration for all organizations in the enterprise account before you change the setting, click View your organizations' current configurations. ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  5. [Repository issue deletion] で、ドロップダウンメニューを使用してポリシーを選択します。 Issue 削除ポリシーオプションのドロップダウンメニュー

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?