Skip to main content

Organization での SAML シングルサインオンの強制を準備する

Organization で SAML シングルサインオンを強制する前に、Organization のメンバーシップを検証し、アイデンティティプロバイダへの接続文字列を設定する必要があります。

注: SAML シングル サインオンを使うには、Organization で GitHub Enterprise Cloud を使用している必要があります。 GitHub Enterprise Cloud を無料で試す方法の詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の試用版を設定する」を参照してください。

SAML SSO を適用する場合、組織のすべてのメンバーが IdP を介して認証して組織のリソースにアクセスする必要があります。 OrganizationでSAML SSOを施行する前に、Organizationのメンバーシップをレビューし、SAML SSOを有効化子、OrganizationメンバーのSAMLアクセスをレビューすべきです。 詳細については、次を参照してください。

タスク詳細情報
Organizationでのメンバーの追加や削除
SAML SSOの有効化によるIdPのOrganizationへの接続
OrganizatonメンバーのサインインとアカウントのIdPとのリンクの確認

これらのタスクを完了すれば、OrganizationでSAML SSOを施行できます。 詳細については、「Organization に SAML シングル サインオンを適用する」を参照してください。

注: SAML 認証は、外部コラボレーターにも必要ありません。 外部コラボレーターの詳細については、「Organization のロール」を参照してください。