Skip to main content

Organization での SAML シングルサインオンの強制を準備する

Organization で SAML シングルサインオンを強制する前に、Organization のメンバーシップを検証し、アイデンティティプロバイダへの接続文字列を設定する必要があります。

Note: To use SAML single sign-on, your organization must use GitHub Enterprise Cloud. For more information about how you can try GitHub Enterprise Cloud for free, see "Setting up a trial of GitHub Enterprise Cloud."

When you enforce SAML SSO, all members of the organization must authenticate through your IdP to access the organization's resources. OrganizationでSAML SSOを施行する前に、Organizationのメンバーシップをレビューし、SAML SSOを有効化子、OrganizationメンバーのSAMLアクセスをレビューすべきです。 詳しい情報については、以下を参照してください。

タスク詳細情報
Organizationでのメンバーの追加や削除
SAML SSOの有効化によるIdPのOrganizationへの接続
OrganizatonメンバーのサインインとアカウントのIdPとのリンクの確認

これらのタスクを完了すれば、OrganizationでSAML SSOを施行できます。 詳細は「Organization で SAML シングルサインオンを施行する」を参照してください。

Note: 外部のコラボレータは、SAML SSOを使っているOrganization内のリソースにアクセスするために、IdPでの認証を受ける必要はありません。 For more information on outside collaborators, see "Roles in an organization."