Skip to main content

SAML シングルサインオンでボットおよびサービスアカウントを管理する

SAML シングルサインオンを有効にしている Organization は、ボットおよびサービスアカウントへのアクセスを維持できます。

ボットとサービス アカウントのアクセス権を保持するために、Organization の管理者は SAML シングル サインオンを 有効にできますが、自分の Organization に対しては 適用できません。 Organization に対して SAML シングルサインオンを強制する必要がある場合は、アイデンティティプロバイダ (IdP) を利用してボットまたはサービスアカウントに外部アイデンティティを作成する方法があります。

注: 自分の Organization に SAML シングル サインオンを適用し、IdP を使用してボットとサービス アカウントに対して外部 ID を設定 していない 場合は、それらは Organization から削除されます。

参考資料