Skip to main content

組織の監査ログに IP アドレスを表示する

組織の監査ログにイベントの発信元 IP アドレスを表示できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Organization owners can display IP addresses in the audit log for an enterprise.

注: 組織の監査ログでの IP アドレスの表示はパブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

監査ログ内の IP アドレスの表示について

既定では、GitHub Enterprise Cloud の組織の監査ログには、イベントの発信元 IP アドレスは表示されません。 必要に応じて、コンプライアンスを確保し、脅威に対応するために、各イベントの原因となるアクターに関連付けられている完全な IP アドレスを表示できます。 通常、アクターはユーザーですが、アプリや統合の場合もあります。

組織の監査ログに表示される IP アドレスの表示または保管に伴う法的義務は、ユーザーが満たす必要があります。

または、エンタープライズ レベルで IP アドレスを構成できます。 詳細については、「Enterprise の監査ログに IP アドレスを表示する」を参照してください。

GitHub.com でアカウントを作成すると、GitHub が GitHub のサービスへの接続に関する基本情報 (発信元 IP アドレスなど) を収集することに同意することになります。 詳しくは、「GitHub の一般プライバシー ステートメント」を参照してください。

この機能を有効にすると、監査ログにアクセスして、IP アドレスを含むイベントを表示できるようになります。 詳しくは、「Organization の Audit log をレビューする」を参照してください。

監査ログに IP アドレスを表示するイベント

GitHub Enterprise Cloud には、これらの条件を満たす組織の監査ログ内の各イベントの IP アドレスが表示されます。

  • アクターが組織のメンバーまたは所有者です
  • ターゲットが、プライベートまたは内部の組織所有のリポジトリか、プロジェクトなどのリポジトリではない組織リソースです。

監査ログ内の IP アドレスの表示を有効にする

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. [ソース IP の開示] をクリックします。

    組織の [監査ログ] ページのスクリーンショット。 [ソース IP の開示] というラベルのタブが、濃いオレンジ色で囲まれています。

  4. [監査ログでアクター IP アドレスを開示する] で、 [発信元 IP 開示を有効にする] を選びます。

  5. [保存] をクリックします。