外部のコラボレーターを追加するための権限を設定する

Organization のデータを保護し、Organization 内で使用されている有料ライセンスの数が無駄遣いされないようにするために、外部コラボレーターを Organization のリポジトリに招待することをオーナーのみに許可できます。

外部のコラボレータの追加をオーナーだけに限定するのは、GitHub Enterprise Cloudで可能です。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

リポジトリに対する管理者権限を持つ Organization のオーナーとメンバーは、リポジトリで作業するように外部のコラボレーターを招待できます。 外部のコラボレーターの招待権限を、Organization のオーナーに制限することもできます。

外部コラボレータをプライベートリポジトリに追加すると、Organizationの有料ライセンスが使われます。 詳しい情報については、「ユーザごとの価格付けについて」を参照してください。

  1. GitHubの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてYour organizations(あなたのOrganization)をクリックしてください。 プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。 Org設定のメンバーの権限オプション
  4. [Repository invitations] の下で、[Allow members to invite outside collaborators to repositories for this organization] を選択します。 外部コラボレーターを Organization リポジトリに招待することをメンバーに許可するためのチェックボックス
  5. [Save] をクリックします。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?