Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

エンタープライズ向け GitHub について

企業は、GitHub のエンタープライズ製品を使って、ソフトウェア開発のライフサイクル全体を改善できます。

エンタープライズ向け GitHub について

GitHub は、セキュリティで保護されたソフトウェアをビルド、スケーリング、配信するための完全な開発者プラットフォームです。 企業は、ソフトウェア開発ライフサイクル全体をサポートし、開発速度を向上させ、コード品質を向上させるために GitHub の製品スイートを使っています。

開発者は、issue やプロジェクトを使ってソース コードをリポジトリに格納し、バージョン管理して、作業を計画および追跡することができます。 クラウドでホストされる開発環境である GitHub Codespaces でコードを作成し、コード セキュリティ機能を使って、コードベースからシークレットと脆弱性を排除しつつ、pull request で相互のコード変更を確認できます。 最後に、GitHub Actions を使ってビルド、テスト、デプロイのパイプラインを自動化し、GitHub Packages を使ってソフトウェア パッケージをホストできます。

企業が GitHub Enterprise を採用すると、投資収益率 (ROI) が高くなります。 たとえば、開発者は 1 日あたり 45 分間節約でき、オンボードとトレーニングの時間は 40% 短縮されます。 詳しくは、「GitHub Enterprise の経済効果の総計」をご覧ください。

ソフトウェア開発ライフサイクルのすべての段階の管理を簡略化するために、Enterprise アカウントと呼ばれる単一の可視性と管理ポイントを提供しています。 Enterprise アカウントを使うと、課金と設定の管理、ポリシーの適用、エンタープライズのリソースへのアクセス権を持つユーザーの監査を行うことができます。 詳細については、「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

必要に応じて、GitHub Advanced Security を使って付加的なコード セキュリティ機能を追加したり、GitHub Premium Support を使ってサポート オプションを強化したりすることができます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」、および「GitHub Premium Supportをご覧ください。

デプロイ オプションについて

GitHub Enterprise をご購入の場合、GitHub Enterprise Cloud と GitHub Enterprise Server の両方にアクセスできます。 GitHub Enterprise Cloud は GitHub.com の高度な機能のセットであり、GitHub Enterprise Server は、セルフホステッド プラットフォームです。 詳しくは、「GitHub Enterprise Server をご覧ください。

GitHub Enterprise Cloud の場合は、開発者が自分の個人アカウントを作成して管理することも、Enterprise Managed Users を使って開発者用のユーザー アカウントを作成および管理することもできます。 詳しくは、「Enterprise の認証について」をご覧ください。

GitHub AE は、セキュリティとコンプライアンスの要件が厳格な一部のお客様に限定的に提供されています。 詳しくは、「GitHub AE について」(GitHub AE ドキュメント)

GitHub Connect を有効にすると、GitHub Enterprise Server または GitHub AE を使う場合でも、GitHub.com の機能を利用できます。これにより、安全でない依存関係に対して Dependabot alerts などの追加の機能とワークフローを構成できます。 詳しくは、「GitHub Connect について」をご覧ください。

参考資料