ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

GitHub AE について

GitHub AE は、クラウドで GitHub を使用するためにセキュリティが強化された準拠した方法です。

GitHub AE について

GitHub AEを使うと、厳格なセキュリティ及びコンプライアンス要件を満たしながら、DevOpsワークロードをクラウドに移行できます。 GitHub AE は完全に管理され、信頼性が高く、スケーラブルであるため、リスク管理を犠牲にすることなくデリバリを迅速化できます。

GitHub AE は、アイデアから本番まで1つの開発者プラットフォームを提供します。 Team が使い慣れたツールを使用して開発速度を上げることができます。また、独自のセキュリティとアクセス制御、ワークフローの自動化、およびポリシーの適用により、業界と規制のコンプライアンスを維持できます。

高可用性および地球規模のクラウド

GitHub AE は、高可用性アーキテクチャでホストされているフルマネージドサービスです。 GitHub AE は、クラウドでグローバルにホストされており、無制限に開発ライフサイクル全体をサポートするように拡張できます。 GitHub は、バックアップ、フェイルオーバー、およびシステム災害復旧を完全に管理するため、サービスやデータについて心配する必要はありません。

データの常駐

すべてのデータは、ユーザが選択したリージョン内で保存されます。 すべてのデータを選択したリージョン内に保存することで、GDPR およびグローバルデータ保護基準に準拠できます。

指定の条件下での暗号化

すべての顧客データは保存時に暗号化されます。 詳しい情報については、「Enterprise 向けのデータ暗号化を設定する」を参照してください。

分離されたアカウント

すべての開発者アカウントは、GitHub AE 内で完全に分離されています。 SAML シングルサインオンを必須として、アイデンティティプロバイダを介してアカウントを完全に制御できます。 SCIM を使用すると、中央のアイデンティティ管理システムで定義されているように、従業員が必要なリソースにのみアクセスできるようにすることができます。 詳しい情報については、「Enterprise のアイデンティティとアクセスを管理する」を参照してください。

制限付きネットワークアクセス

ネットワークアクセスが制限された GitHub AE での Enterprise への安全なアクセスにより、データはネットワーク内からのみアクセスできます。 詳しい情報については、「Enterprise へのネットワークトラフィックを制限する」を参照してください。

商用および政府環境

GitHub AE は、Azure Government クラウドという、米国政府機関とそのパートナー向けの信頼できるクラウドで利用できます。 GitHub AE は商用クラウドでも利用できるため、Organization に適したホスティング環境を選択できます。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡