Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

エンタープライズの脆弱性データの表示

your GitHub Enterprise Server instance で GitHub Advisory Database からの脆弱性データを表示できます。

Who can use this feature

Site administrators can view vulnerability data on your GitHub Enterprise Server instance.

エンタープライズで Dependabot alerts が有効になっている場合は、GitHub Advisory Database から your GitHub Enterprise Server instance にダウンロードされたすべての脆弱性を表示できます。

GitHub.com から脆弱性データを手動で同期して、一覧を更新できます。

脆弱性データを表示する前に、Dependabot alerts を有効にする必要があります。 詳細については、「エンタープライズでの Dependabot の有効化」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット

  3. 左サイドバーで [脆弱性] をクリックします。 サイト管理サイドバーの [脆弱性] タブ

  4. 脆弱性データを同期するには、 [Sync Vulnerabilities now](今すぐ脆弱性を同期) をクリックします。 [Sync Vulnerabilities now](今すぐ脆弱性を同期) ボタン