Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

削除された Organization の復元

your GitHub Enterprise Server instance 上の過去に削除された組織を部分的に復元することができます。

Who can use this feature

Site administers can restore an organization on GitHub Enterprise Server.

Organization の復元について

監査ログ Elasticsearch インデックスに org.delete イベントのデータが含まれている限り、以前に削除された your GitHub Enterprise Server instance 上の Organization を、サイト管理者ダッシュボードを使用して、復元できます。

Organization を復元した直後は、Organization は削除前とまったく同じではありません。 Organization が所有していたリポジトリを手動で復元する必要があります。 詳細については、「削除されたリポジトリの復元」を参照してください。

監査ログを使用して、Team と Organization のメンバーを手動で再追加することもできます。 詳細については、「メンバーと Team の復元」を参照してください。

Organization の復元

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット

  3. [ユーザー、Organization、Enterprise、Team、リポジトリ、gists、アプリケーションを検索する] で、Organization を検索します。

    [検索] フィールドと [検索] ボタンのスクリーンショット

  4. [削除されたアカウント] で、復元する Organization の右側にある ドロップダウン メニューを選択し、 [再作成] をクリックします。

    削除された Organization のドロップダウン メニューのスクリーンショット

メンバーと Team の復元

監査ログを使用して、Organization の以前のメンバーと Team のリストを見つけ、手動で再作成できます。 監査ログの使用の詳細については、「Enterprise にわたるユーザーの監査」を参照してください。

以下のすべての検索語句で、ORGANIZATION を Organization の名前に、TEAM を Team の名前に置き換えてください。

Organization メンバーの復元

  1. Organization に追加および削除されたすべてのユーザーを検索するには、監査ログで、action:org.add_member org:ORGANIZATIONaction:org.remove_member org:ORGANIZATION を検索します。
  2. 引き続きメンバーである必要がある各ユーザーを Organization に手動で追加します。 詳細については、「Organization への人の追加」を参照してください。

Team の復元

  1. 各 Team 名を検索するには、監査ログで action:team.create org:ORGANIZATION を検索します。
  2. 手動で Teamを再作成します。 詳細については、「チームを作成する」を参照してください。
  3. 各 Team に追加されたメンバーを検索するには、action:team.add_member team:"ORGANIZATION/TEAM" を検索します。
  4. Team メンバーを手動で再追加します。 詳細については、「Team への Organization メンバーの追加」を参照してください。
  5. Team にアクセス権が付与されたリポジトリを検索するには、action:team.add_repository team:"ORGANIZATION/TEAM" を検索します。
  6. 各リポジトリに対して Team に付与されたアクセス レベルを見つけるには、action:team.update_repository_permission team:"ORGANIZATION/TEAM" を検索します。
  7. 手動で Team にもう一度アクセス権を付与します。 詳細については、「Organization リポジトリへの Team のアクセスを管理する」を参照してください。