Enterprise でのアクションの使用について

GitHub Enterprise Server には、ほとんどの GitHub 作成のアクションが含まれ、GitHub.com および GitHub Marketplace からの他のアクションへのアクセスを有効にするためのオプションがあります。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

GitHub Actions ワークフローはアクションを使用できます。アクションは、ジョブを作成してワークフローをカスタマイズするために組み合わせることができる個々のタスクです。 独自のアクションの作成、または GitHub コミュニティによって共有されるアクションの使用やカスタマイズができます。

GitHub Enterprise Server上のGitHub Actionsは、完全なインターネットアクセスのない環境で動作するように設計されています。 デフォルトでは、ワークフローはGitHub.com及びGitHub Marketplaceからのアクションを使うことができません。

Enterprise インスタンスにバンドルされている公式アクション

ほとんどの公式の GitHub 作成のアクションは自動的に GitHub Enterprise Server にバンドルされ、GitHub Marketplace からある時点でキャプチャされます。

バンドルされている公式アクションには、actions/checkout, actions/upload-artifactactions/download-artifactactions/labeler、さまざまな actions/setup- などが含まれます。 Enterprise インスタンスに含まれるすべての公式アクションを確認するには、インスタンスの Actions Organization である (https://HOSTNAME/actions) を参照します。

各アクションはactions Organization 内のリポジトリであり、各アクションリポジトリには、ワークフローがアクションを参照するために使用できる必要なタグ、ブランチ、およびコミット SHA が含まれています。 バンドルされた公式アクションを更新する方法については、「公式バンドルアクションの最新バージョンを使用する」を参照してください。

注釈: セルフホストランナーを使用して GitHub Enterprise Server でセットアップアクション(actions/setup-LANGUAGE など)を使用する場合、インターネットにアクセスできないランナーでツールキャッシュをセットアップする必要がある場合があります。 詳しい情報については、「インターネットアクセスを持たないセルフホストランナー上へのツールキャッシュのセットアップ」を参照してください。

GitHub.com でアクションへのアクセスを設定する

Enterprise のユーザが GitHub.com または GitHub Marketplace からの他のアクションにアクセスする必要がある場合、いくつかの設定オプションがあります。

推奨されるアプローチは、GitHub.com からのすべてのアクションへの自動アクセスを有効化することです。 これを行うには、GitHub Connect を使用して GitHub Enterprise Server を GitHub Enterprise Cloud と統合します。 詳しい情報については、「GitHub Connect を使用した GitHub.com アクションへの自動アクセスを有効化する」を参照してください。 GitHub Connectを有効化した後は、Enterprise内のリポジトリでどのパブリックなアクションが使えるかを制限するポリシーが利用できます。 詳しい情報については、「Enterprise に GitHub Actions のポリシーを施行する」を参照してください。

または、Enterprise で許可されるアクションをより厳密に制御する場合は、actions-sync ツールを使用してアクションを手動でダウンロードして Enterprise インスタンスに同期できます。 詳しい情報については、「GitHub.com からのアクションを手動で同期する」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?