外部モニタリングのセットアップ

SNMP または collectd のいずれかの統計収集プロトコルを使用すれば、GitHub Enterprise Server アプライアンスで基本的なシステムリソースを監視できます。

SNMPについて

Simple Network Management Protocol (SNMP) は、ネットワークデバイスやサーバのモニタリングの方法として広くサポートされています。 SNMPはデフォルトでは無効化されていますが、GitHub Enterpriseモニタリングダッシュボードを通じて設定できます。 UDPポート161は、オープンでネットワーク管理ステーションから到達可能でなければなりません。 詳細は「SNMPを使用したモニタリング」を参照してください。

collectdについて

collectdはオープンソースの統計収集及びレポーティングデーモンで、RRDファイルの書き込みサポートが組み込まれています。 CPUの利用状況、メモリ及びディスクの消費、ネットワークインターフェースのトラフィックとエラー、システムの負荷に関する統計を外部のcollectdサーバに転送でき、そこで利用可能な幅広いツールやプラグインを使ってグラフ、分析、アラートを設定できます。 collectd 転送を設定するには、「collectdの設定」を参照してください。

加えて、下位層の仮想化プラットフォームに組み込まれているモニタリングツールも、システムリソースの基本的なモニタリングとアラートに利用できます。 詳しい情報についてはAmazon CloudWatchvSphere の監視およびパフォー マンスといったドキュメンテーションを参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?