Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

公式のバンドルされたアクションの最新バージョンを使用する

エンタープライズにバンドルされているアクションを更新することも、GitHub.com から直接アクションを使用することもできます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

Enterprise インスタンスには、ワークフローで使用できる組み込みアクションが多数含まれています。 バンドルされたアクションについて詳しくは、「Enterprise インスタンスにバンドルされている公式アクション」をご覧ください。

これらのバンドルされたアクションは、 https://github.com/actions で見つかる公式のアクションの特定時点におけるスナップショットであるため、これらのアクションの新しいバージョンを使用できる可能性があります。 actions-sync ツールを使ってこれらのアクションを更新するか、GitHub.com 上の最新アクションにアクセスできるように GitHub Connect を構成することができます。 以降のセクションでは、これらのオプションについて説明します。

actions-sync を使ってバンドルされたアクションを更新する

バンドルされたアクションを更新するには、actions-sync ツールを使ってスナップショットを更新できます。 actions-sync の使用について詳しくは、「GitHub.com からアクションを手動で同期する」をご覧ください。

GitHub Connect を使って最新のアクションにアクセスする

GitHub Connect を使うと、GitHub Enterprise Server で GitHub.com のアクションを使用できます。 詳細については、「GitHub Connect を使用して GitHub.com アクションへの自動アクセスを有効にする」を参照してください。

GitHub Connect を構成したら、インスタンス上の actions Organization 内のローカル リポジトリを削除することで、アクションの最新バージョンを使用できます。 たとえば、Enterprise インスタンスで actions/checkout アクションの v1 を使っていて、Enterprise インスタンスで使用できない actions/checkout@v2 を使う必要がある場合は、次の手順のようにして、GitHub.com から最新の checkout アクションを使用できるようにします。

  1. GitHub Enterprise Server の Enterprise 所有者アカウントから、actions Organization から削除するリポジトリに移動します (この例では checkout)。
  2. 既定では、サイト管理者はバンドルされた actions Organization の所有者ではありません。 checkout リポジトリを削除するために必要なアクセス権を得るには、サイト管理ツールを使う必要があります。 そのリポジトリのページの右上隅にある をクリックします。 サイト管理者の設定にアクセスするための宇宙船アイコン
  3. [ セキュリティ] をクリックして、リポジトリのセキュリティの概要を表示します。 リポジトリのセキュリティ ヘッダー
  4. [特権アクセス] で、 [ロック解除] をクリックします。 ロック解除ボタン
  5. [理由] にリポジトリのロックを解除する理由を入力して、 [ロック解除] をクリックします。 確認のダイアログ
  6. リポジトリがロック解除されたので、サイト管理者ページから移動して、actions Organization 内のリポジトリを削除できます。 ページの上部にあるリポジトリ名 (この例では checkout) をクリックして、概要ページに戻ります。 リポジトリ名のリンク
  7. [リポジトリ情報] で、 [コードの表示] をクリックしてサイト管理者ページから移動し、checkout リポジトリを表示します。
  8. actions Organization 内の checkout リポジトリを削除します。 リポジトリを削除する方法については、「リポジトリの削除」をご覧ください。 [コードの表示] リンク
  9. actions/checkout@v2 を使うようにワークフローの YAML を構成します。
  10. ワークフローが実行するたびに、ランナーは GitHub.com から指定されたバージョンの actions/checkout を使います。