ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Configuring Git Large File Storage for your enterprise

Git Large File Storage (Git LFS) は Git のオープンソース拡張で、大きいファイルを他のテキストファイルと同じように扱えるようにしてくれます。

About Git Large File Storage

Git Large File Storage (Git LFS) は Git のオープンソース拡張で、大きいファイルを他のテキストファイルと同じように扱えるようにしてくれます。 You can use Git Large File Storage with a single repository, all of your personal or organization repositories, or with every repository in your enterprise. Before you can enable Git LFS for specific repositories or organizations, you need to enable Git LFS for your enterprise.

デフォルトでは、 Git Large File Storageクライアントは大きなアセットをGitリポジトリがホストされているのと同じサーバーに保存します。 your GitHub Enterprise Server instanceでGit LFSが有効化されている場合、大きなアセットは/data/user/storageにあるデータパーティションに保存されます。

EnterpriseもしくはリポジトリでGit LFSが無効化されている場合、ユーザはGit LFSアセットをGitHub Enterprise Serverにプッシュできません。

For more information, see "About Git Large File Storage", "Versioning large files," and the Git Large File Storage project site.

Configuring Git Large File Storage for your enterprise

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  3. Policies(ポリシー)の下で、Options(オプション)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のオプションタブ

  4. Under "Git LFS access", use the drop-down menu, and click Enabled or Disabled. Git LFS Access

Configuring Git Large File Storage for an individual repository

ノート: 各リポジトリは、そのリポジトリを所有するOrganizationもしくはユーザのデフォルト設定を自動的に継承します。 リポジトリのオーナーが、所有するすべてのリポジトリに対して設定を強制している場合、デフォルト設定は上書きできません。

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 検索フィールドでリポジトリ名を入力し、Search(検索)をクリックしてください。 [Site admin settings search] フィールド
  3. 検索結果で、リポジトリ名をクリックしてください。 サイドアドミン設定の検索オプション
  4. ページの右上から Admin(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  5. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  6. "Git LFS"の下で、Enable(有効化)もしくはDisable(無効化)をクリックしてください。 無効化ボタン

Configuring Git Large File Storage for every repository owned by a user account or organization

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 検索フィールドでユーザもしくはOrganizationの名前を入力し、Search(検索)をクリックしてください。 [Site admin settings search] フィールド
  3. 検索結果で、ユーザもしくはOrganizationの名前をクリックしてください。 サイドアドミン設定の検索オプション
  4. ページの右上から Admin(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  5. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  6. "Git LFS"の下で、Enable(有効化)もしくはDisable(無効化)をクリックしてください。 無効化ボタン

Configuring Git Large File Storage to use a third party server

デフォルトでは、 Git Large File Storageクライアントは大きなアセットをGitリポジトリがホストされているのと同じサーバーに保存します。 your GitHub Enterprise Server instanceでGit LFSが有効化されている場合、大きなアセットは/data/user/storageにあるデータパーティションに保存されます。

EnterpriseもしくはリポジトリでGit LFSが無効化されている場合、ユーザはGit LFSアセットをGitHub Enterprise Serverにプッシュできません。

  1. Disable Git LFS on your GitHub Enterprise Server instance. For more information, see "Configuring Git Large File Storage for your enterprise."

  2. Create a Git LFS configuration file that points to the third party server.

    # Show default configuration
    $ git lfs env
    > git-lfs/1.1.0 (GitHub; darwin amd64; go 1.5.1; git 94d356c)
    > git version 2.7.4 (Apple Git-66)
     
    > Endpoint=https://GITHUB-ENTERPRISE-HOST/path/to/repo/info/lfs (auth=basic)
     
    # Create .lfsconfig that points to third party server.
    $ git config -f .lfsconfig remote.origin.lfsurl https://THIRD-PARTY-LFS-SERVER/path/to/repo
    $ git lfs env
    > git-lfs/1.1.0 (GitHub; darwin amd64; go 1.5.1; git 94d356c)
    > git version 2.7.4 (Apple Git-66)
     
    > Endpoint=https://THIRD-PARTY-LFS-SERVER/path/to/repo/info/lfs (auth=none)
     
    # Show the contents of .lfsconfig
    $ cat .lfsconfig
    [remote "origin"]
    lfsurl = https://THIRD-PARTY-LFS-SERVER/path/to/repo
  3. To keep the same Git LFS configuration for each user, commit a custom .lfsconfig file to the repository.

    $ git add .lfsconfig
    $ git commit -m "Adding LFS config file"
  4. Migrate any existing Git LFS assets. For more information, see "Migrating to a different Git Large File Storage server."

Migrating to a different Git Large File Storage server

Before migrating to a different Git Large File Storage server, you must configure Git LFS to use a third party server. For more information, see "Configuring Git Large File Storage to use a third party server."

  1. Configure the repository with a second remote.

    $ git remote add NEW-REMOTE https://NEW-REMOTE-HOSTNAME/path/to/repo
     
    $ git lfs env
    > git-lfs/1.1.0 (GitHub; darwin amd64; go 1.5.1; git 94d356c)
    > git version 2.7.4 (Apple Git-66)
     
    > Endpoint=https://GITHUB-ENTERPRISE-HOST/path/to/repo/info/lfs (auth=basic)
    > Endpoint (NEW-REMOTE)=https://NEW-REMOTE-HOSTNAME/path/to/repo/info/lfs (auth=none)
  2. Fetch all objects from the old remote.

    $ git lfs fetch origin --all
    > Scanning for all objects ever referenced...
    > ✔ 16 objects found
    > Fetching objects...
    > Git LFS: (16 of 16 files) 48.71 MB / 48.85 MB
  3. Push all objects to the new remote.

    $ git lfs push NEW-REMOTE --all
    > Scanning for all objects ever referenced...
    > ✔ 16 objects found
    > Pushing objects...
    > Git LFS: (16 of 16 files) 48.00 MB / 48.85 MB, 879.10 KB skipped

Further reading

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?