Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

CPUあるいはメモリリソースの増加

GitHub Enterprise Serverでの処理が遅いなら、CPUあるいはメモリリソースを追加する必要があるかもしれません。

警告: 新しいシステム リソースを割り当てるプロセスは、仮想化プラットフォームとリソースの種類によって異なります。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳細については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスの監視」を参照してください。

注: CPU またはメモリ リソースを増やす前に、インスタンスをメンテナンス モードにします。 詳しい情報については、「メンテナンス モードの有効化とスケジューリング」を参照してください。

AWSでのCPUあるいはメモリリソースの追加

注: AWS で CPU またはメモリ リソースを増やすには、AWS 管理コンソールまたは aws ec2 コマンド ライン インターフェイスのいずれかを使って EC2 インスタンスを管理するための知識が必要です。 サイズ変更を行うために選んだ AWS ツールの背景や使用方法について詳しくは、Amazon EBS 対応インスタンスのサイズ変更に関する AWS ドキュメントを参照してください。

リサイズについての考慮

your GitHub Enterprise Server instance で CPU またはメモリ リソースを増やす前に、次の推奨事項を確認してください。

  • CPU でメモリをスケールアップまたはスケールダウンします。 CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。
  • インスタンスにエラスティック IP アドレスを割り当てます。 Elastic IP が割り当てられていない場合は、パブリック IP アドレスでの変更を考慮して、再起動後に GitHub Enterprise Server ホストの DNS A レコードを調整する必要があります。 インスタンスがVPC内で起動していれば、インスタンスが再起動してもElastic IP(EIP)は自動的に保持されます。 インスタンスがEC2-Classic内で起動されていれば、Elastic IPは手動で際割り当てが必要です。

サポートされているAWSインスタンスタイプ

アップグレードするインスタンスタイプは、CPU/メモリの仕様に基づいて決定しなければなりません。

注: インスタンスをサイズ変更すれば、いつでも CPU やメモリをスケールアップできます。 しかし、CPUあるいはメモリのリサイズにはユーザにとってのダウンタイムが生じるので、スケールのためのリソースを前もってオーバープロビジョニングしておくことをおすすめします。

GitHubは、GitHub Enterprise Serverにメモリ最適化されたインスタンスをおすすめします。 詳細については、Amazon EC2 Web サイトの「Amazon EC2 Instance Types (Amazon EC2 インスタンス タイプ)」を参照してください。

AWSでのリサイズ

注: EC2-Classic で起動したインスタンスについては、そのインスタンスに関連付けられている Elastic IP アドレスと、そのインスタンスの ID の両方を書き留めておいてください。 インスタンスを再起動したなら、Elastic IPのアドレスを再割り当てしてください。

既存の AWS/EC2 インスタンスに CPU またはメモリリソースを追加することはできません。 その代わりに、以下を行う必要があります:

  1. インスタンスを停止する。
  2. インスタンスタイプを変更する。
  3. インスタンスを起動します。
  4. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

Microsoft Azure での CPU またはメモリ リソースの追加

注: Microsoft Azure で CPU またはメモリ リソースを追加するには、Azure Portal、Azure CLI、Azure PowerShell のいずれかを使って VM インスタンスを管理するための知識が必要です。 サイズ変更を行うために選んだ Azure ツールの背景や使用方法について詳しくは、仮想マシンのサイズ変更に関する Azure ドキュメントを参照してください。

リサイズについての考慮

your GitHub Enterprise Server instance で CPU またはメモリ リソースを増やす前に、次の推奨事項を確認してください。

  • CPU でメモリをスケールアップまたはスケールダウンします。 CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。
  • インスタンスに静的 IP アドレスを割り当てます。 静的 IP を割り当てていない場合は、IP アドレスでの変更を考慮して、再起動後に GitHub Enterprise Server ホストの DNS A レコードを調整する必要があります。

サポートされている Microsoft Azure インスタンスのサイズ

アップグレードしたいインスタンスのサイズを、CPU やメモリの仕様に基づいて決める必要があります。

注: インスタンスをサイズ変更すれば、いつでも CPU やメモリをスケールアップできます。 しかし、CPUあるいはメモリのリサイズにはユーザにとってのダウンタイムが生じるので、スケールのためのリソースを前もってオーバープロビジョニングしておくことをおすすめします。

GitHub Enterprise Server アプライアンスは、プレミアムストレージのデータディスクを必要としており、プレミアムストレージをサポートするあらゆる Azure VM でサポートされます。 s サフィックスが付いた Azure VM の種類では、Premium Storage がサポートされます。 詳細については、「Azure で利用できるディスクの種類」 および Azure ドキュメントの「Azure Premium Storage: 高パフォーマンス用に設計する」を参照してください。

GitHub は、GitHub Enterprise Server にメモリ最適化された VM を推奨しています。 詳細については、Azure ドキュメントの「メモリ最適化済み仮想マシンのサイズ」を参照してください。

GitHub Enterprise Server は、VM タイプをサポートするあらゆる地域をサポートします。 各 VM でサポートされているリージョンの詳細については、Azure の「リージョン別の利用可能な製品」を参照してください。

Microsoft Azure でのサイズ変更

VM サイズを変更することで、VM をスケールアップまたはスケールダウンできます。 サイズを変更すると、再起動が必要となります。 場合によっては、先に VM の割り当てを解除する必要があります。 これは、現在 VM をホストしているハードウェア クラスターで新しいサイズを使用できない場合に発生する可能性があります。

  1. 必要な手順については、仮想マシンのサイズの変更に関する Azure ドキュメントを参照してください。
  2. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

OpenStack KVMでのCPUあるいはメモリリソースの追加

既存の OpenStack KVM インスタンスに CPU またはメモリリソースを追加することはできません。 その代わりに、以下を行う必要があります:

  1. 現在のインスタンスのスナップショットを取る。
  2. インスタンスを停止する。
  3. 希望するCPUやメモリリソースを持つ新しいインスタンスフレーバーを選択する。

VMware の CPU またはメモリリソースを追加する

CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。

  1. vSphere Clientを使ってVMware ESXiホストに接続してください。
  2. your GitHub Enterprise Server instance をシャットダウンします。
  3. 仮想マシンを選び、 [設定の編集] をクリックします。
  4. [ハードウェア] で、必要に応じて、仮想マシンに割り当てられている CPU とメモリ リソースのいずれかまたは両方を調整します。VMware セットアップ リソース
  5. 仮想マシンを起動するには、 [OK] をクリックします。
  6. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info