Increasing CPU or memory resources

You can increase the CPU or memory resources for a GitHub Enterprise Server instance.

警告: 新しいリソースの割り当てプロセスは、仮想化プラットフォームやリソースの種類によって様々です。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverアプライアンスのモニタリング」を参照してください。

Adding CPU or memory resources for AWS

Note: To add CPU or memory resources for AWS, you must be familiar with using either the AWS management console or the aws ec2 command line interface to manage EC2 instances. For background and details on using the AWS tools of your choice to perform the resize, see the AWS documentation on resizing an Amazon EBS-backed instance.

Resizing considerations

Before increasing CPU or memory resources for your GitHub Enterprise Server instance, review the following recommendations.

  • Scale your memory with CPUs. CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。
  • Assign an Elastic IP address to the instance. If you haven't assigned an Elastic IP to your instance, you'll have to adjust the DNS A records for your GitHub Enterprise Server host after the restart to account for the change in public IP address. Once your instance restarts, the instance keeps the Elastic IP if you launched the instance in a virtual private cloud (VPC). If you create the instance in an EC2-Classic network, you must manually reassign the Elastic IP to the instance.

Supported AWS instance types

You need to determine the instance type you would like to upgrade to based on CPU/memory specifications.

ノート:インスタンスをリサイズすれば、いつでもCPUやメモリをスケールアップできます。 しかし、CPUあるいはメモリのリサイズにはユーザにとってのダウンタイムが生じるので、スケールのためのリソースを前もってオーバープロビジョニングしておくことをおすすめします。

GitHubは、GitHub Enterprise Serverにメモリ最適化されたインスタンスをおすすめします。 詳しい情報については、Amazon EC2のWebサイトのAmazon EC2インスタンスタイプを参照してください。

Resizing for AWS

Note: For instances launched in EC2-Classic, write down both the Elastic IP address associated with the instance and the instance's ID. Once you restart the instance, re-associate the Elastic IP address.

It's not possible to add CPU or memory resources to an existing AWS/EC2 instance. Instead, you must:

  1. Stop the instance.
  2. Change the instance type.
  3. Start the instance.
  4. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

Adding CPU or memory resources on Microsoft Azure

Note: To add CPU or memory resources in Microsoft Azure, you must be familiar with using either the Azure Portal, Azure CLI or Azure Powershell to manage VM instances. For background and details on using the Azure tools of your choice to perform the resize, please refer to the Azure documentation on changing the size of a virtual machine.

Resizing considerations

Before increasing CPU or memory resources for your GitHub Enterprise Server instance, review the following recommendations.

  • Scale your memory with CPUs. CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。
  • Assign a static IP address to the instance. If you haven't assigned a static IP to your instance, you might have to adjust the DNS A records for your GitHub Enterprise Server host after the restart to account for the change in IP address.

Supported Microsoft Azure instance sizes

You need to determine the instance size you would like to upgrade to based on CPU/memory specifications.

ノート:インスタンスをリサイズすれば、いつでもCPUやメモリをスケールアップできます。 しかし、CPUあるいはメモリのリサイズにはユーザにとってのダウンタイムが生じるので、スケールのためのリソースを前もってオーバープロビジョニングしておくことをおすすめします。

GitHub Enterprise Server アプライアンスは、プレミアムストレージのデータディスクを必要としており、プレミアムストレージをサポートするあらゆる Azure VM でサポートされます。 接尾辞が s の Azure VM タイプは、プレミアムストレージをサポートしています。 詳しい情報については、Azure ドキュメントの「Azure で使用できるディスクの種類」および「Azure プレミアムストレージ: 高性能の設計」を参照してください。

GitHub は、GitHub Enterprise Server にメモリ最適化された VM を推奨しています。 詳しい情報については、Azure ドキュメントの「メモリに最適化された仮想マシンのサイズ」を参照してください。

GitHub Enterprise Server は、VM タイプをサポートするあらゆる地域をサポートします。 各 VM でサポートされているリージョンの詳細については、Azure の「リージョン別の利用可能な製品」を参照してください。

Resizing for Microsoft Azure

You can scale the VM up by changing the VM size. Changing its size will cause it to be restarted. In some cases, you must deallocate the VM first. This can happen if the new size is not available on the hardware cluster that is currently hosting the VM.

  1. Refer to the Azure documentation on changing the size of a virtual machine for the required steps.
  2. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

Adding CPU or memory resources for OpenStack KVM

It's not possible to add CPU or memory resources to an existing OpenStack KVM instance. Instead, you must:

  1. Take a snapshot of the current instance.
  2. Stop the instance.
  3. Select a new instance flavor that has the desired CPU and/or memory resources.

Adding CPU or memory resources for VMware

CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。

  1. Use the vSphere Client to connect to the VMware ESXi host.
  2. Shut down your GitHub Enterprise Server instance.
  3. Select the virtual machine and click Edit Settings.
  4. Under "Hardware", adjust the CPU and/or memory resources allocated to the virtual machine as needed: VMware setup resources
  5. To start the virtual machine, click OK.
  6. インスタンスが完全に再起動し、アクセスできるようになったら、SSH の管理シェルを使って新しいリソース構成が認識されていることを確認してください:
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    $ ghe-system-info

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?