Skip to main content

Managing an individual's access to an organization repository

You can manage a person's access to a repository owned by your organization.

Who can use this feature

People with admin access to a repository can manage access to the repository.

About access to organization repositories

When you remove a collaborator from a repository in your organization, the collaborator loses read and write access to the repository. If the repository is private and the collaborator has forked the repository, then their fork is also deleted, but the collaborator will still retain any local clones of your repository.

警告:

  • プライベートリポジトリへの個人のアクセス権を削除すると、そのプライベートリポジトリからその人が作成したフォークはすべて削除されます。 プライベートリポジトリのローカルクローンは残ります。 プライベート リポジトリへの Team のアクセス権が削除されたり、プライベート リポジトリへのアクセス権を持つ Team が削除されたりしていることに加え、他の Team 経由でのそのリポジトリへのアクセス権を Team のメンバーが持っていなければ、そのリポジトリのプライベート フォークは削除されます。

  • リポジトリへのアクセスを失った個人に、機密情報や知的財産を確実に削除してもらうのは、あなたの責任です。

  • プライベート または内部 リポジトリへの管理アクセス許可を持つユーザーは、そのリポジトリのフォークを禁止することができます。また、Organization 所有者は、Organization 内でのプライベート または内部 リポジトリのフォークを禁止することができます。 詳細については、「Organization のフォーク ポリシーを管理する」および「リポジトリのフォーク ポリシーを管理する」を参照してください。

Managing an individual's access to an organization repository

You can give a person access to a repository or change a person's level of access to a repository in your repository settings. For more information, see "Managing teams and people with access to your repository."

Further reading