Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization のリポジトリへの個人のアクセスを管理する

Organization が所有するリポジトリへの個人のアクセスを管理できます。

People with admin access to a repository can manage access to the repository.

Organizationのリポジトリへのアクセスについて

Organization のリポジトリからコラボレーターを削除すると、そのコラボレータはリポジトリに対する読み取りおよび書き込みアクセスを失います。 リポジトリがプライベートで、コラボレータがリポジトリをフォークしている場合、そのそのフォークも削除されますが、リポジトリのローカルクローンは保持したままになります。

Warning:

  • If you remove a person’s access to a private repository, any of their forks of that private repository are deleted. Local clones of the private repository are retained. If a team's access to a private repository is revoked or a team with access to a private repository is deleted, and team members do not have access to the repository through another team, private forks of the repository will be deleted.

  • You are responsible for ensuring that people who have lost access to a repository delete any confidential information or intellectual property.

  • People with admin permissions to a private or internal repository can disallow forking of that repository, and organization owners can disallow forking of any private or internal repository in an organization. For more information, see "Managing the forking policy for your organization" and "Managing the forking policy for your repository."

Organization のリポジトリへの個人のアクセスを管理する

リポジトリへのアクセス権のユーザへの付与や、リポジトリへのユーザのアクセスレベルの変更をリポジトリ設定で行えます。 詳しい情報については「リポジトリへのアクセスを持つTeamや人の管理」を参照してください。

参考リンク

-「リポジトリでのインタラクションの制限