Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

外部のコラボレータを Organization のリポジトリに追加する

Organizationのメンバーではないユーザに、Organizationが所有するリポジトリへのアクセスを許可できます。

People with admin access to a repository can add an outside collaborator to the repository.

外部のコラボレータについて

外部のコラボレータは、Organizationのメンバーではないものの、Organizationの1つ以上のリポジトリにアクセスできるユーザです。 付与するアクセスレベルは、外部のコラボレータごとに選択できます。 リポジトリに外部コラボレータを追加する際には、アクセスしてもらうリポジトリ内のフォークにもそのコラボレータを追加しなければなりません。

Adding an outside collaborator to a private or internal repository will use one of your paid licenses. For more information, see "About per-user pricing."

Organozationのオーナーは、コラボレータを招待する機能を制限できます。 詳しい情報については「外部のコラボレータを追加する権限の設定」を参照してください。

Organizationで2要素認証が必須になっているなら、すべての外部のコラボレータはリポジトリでの共同作業への招待を承認する前に、2要素認証を有効化していなければなりません。 詳しい情報日手は「Organizationでの2要素認証の必須化」を参照してください。

リポジトリへの外部のコラボレータの追加

リポジトリへのアクセスは、リポジトリ設定で外部のコラボレータに付与できます。 詳しい情報については「リポジトリへのアクセス権を持つTeamと人の管理」を参照してください。