ビルトイン認証の利用

デフォルトの認証方式を使用する場合、すべての認証の詳細は GitHub Enterprise Serverのインスタンス に保存されます。 LDAP、SAML、CASのような確立された認証プロバイダをすでに持っているのでなければ、ビルトイン認証がデフォルトの方式になります。

サインインおよびサインアウトページでユーザに表示されるカスタムメッセージを作成できます。 詳しい情報については「インスタンス上でのユーザメッセージをカスタマイズする」を参照してください。

ビルトイン認証の設定

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. 左のサイドバーでAuthentication(認証)をクリックしてください。 設定サイドバーの認証タブ
  4. Built in authentication(ビルトイン認証)を選択してください。 ビルトイン認証のオプションの選択

2 要素認証

LDAPもしくはビルトイン認証を使っている場合、2要素認証がサポートされます。 Organizationの管理者は、メンバーに対して2要素認証の有効化を必須とすることができます。

Creating your account

Once your instance has been created, you'll need to create your own admin account.

  1. http(s)://[hostname]/joinの"Create Admin Account(管理者アカウントの作成)"ページで、ユーザ名、パスワード、メールアドレスを選択し、Create an account(アカウントの作成)をクリックしてください。 [Create Admin Account]
  2. http(s)://HOSTNAME/loginでGitHub Enterprise Serverのインスタンスにサインインしてください。

Inviting users

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでInvite user(ユーザを招待)をクリックしてください。 サイトアドミンコンソールのユーザ招待タブ
  3. 作成したいそれぞれのユーザアカウントのユーザ名とメールアドレスを入力し、Generate a password reset link(パスワードリセットリンクの生成)をクリックしてください。 パスワードリセットリンクの生成ボタン

Tip: If email for notifications is configured on the appliance, an invite will also be sent to the provided email address.

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?