Skip to main content

ビルトイン認証の設定

既定の認証方式を使用する場合、すべての認証の詳細は your GitHub Enterprise Server instance に格納されます。

Who can use this feature

Site administrators can configure authentication for a GitHub Enterprise Server instance.

ビルトイン認証について

既定では、GitHub Enterprise Server によって組み込みの認証が使用されます。 各ユーザーは、招待から、またはサインアップして your GitHub Enterprise Server instance のユーザー アカウントを作成し、そのアカウントの資格情報を使って認証し、インスタンスにアクセスします。 GitHub Enterprise Server インスタンスによって、アカウントの認証情報が格納されます。

認証されていないユーザーがご利用のインスタンスに新しいユーザー アカウントを作成できないようにすることができます。 詳しくは、「認証のないサインアップの無効化」をご覧ください。

または、your GitHub Enterprise Server instance の外部認証を構成することもできます。 外部認証を使う場合は、認証プロバイダーを介してインスタンスを使うようにユーザーを招待する必要があります。 詳しくは、企業の認証に関する記事をご覧ください。

ビルトイン認証の設定

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット 1. 左側のサイドバーで、 [Management Console] をクリックします。 左側のサイドバーの [[Management Console]] タブ 1. 左サイドバーにある [Authentication](認証) をクリックします。 設定サイドバーの [Authentication](認証) タブ

  3. [ビルトイン認証] を選びます。 ビルトイン認証のオプションの選択

2 要素認証 LDAPもしくはビルトイン認証を使っている場合、2要素認証がサポートされます。 Organizationの管理者は、メンバーに対して2要素認証の有効化を必須とすることができます。

アカウントの作成

インスタンスが作成されたら、自分の管理者アカウントを作成する必要があります。

  1. http(s)://[hostname]/join の [管理者アカウントの作成] ページで、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを選び、 [アカウントの作成] をクリックします。 [管理者アカウントの作成] 1. http(s)://HOSTNAME/login で your GitHub Enterprise Server instance にサインインします。

次の手順

組み込み認証を構成し、管理アカウントを作成したら、アカウントを作成してインスタンスを使用するようにユーザーを招待できます。 詳しくは、「インスタンスを使用するようにユーザーを招待する」をご覧ください。

参考資料