GitHub の他のユーザに Issue およびPull Requestをアサインする

アサインされた人によって、誰が特定の Issue やPull Requestで作業しているかが明確になります。

Anyone with write access to a repository can assign issues and pull requests. Members of an enterprise with managed users can only make changes in repositories that are part of their enterprise.

Issue およびPull Requestをアサインされた人について

自身、該当する Issue またはプルリクエストにコメントした任意の人、リポジトリへの書き込み権限がある任意の人、およびリポジトリの読み取り権限がある Organization メンバーを含めて、最大 10 人まで各 Issue またはプルリクエストにアサインできます。 詳細は「GitHub 上のアクセス権限」を参照してください。

個別の Issue またはPull Requestを割り当てる

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. ユーザに割り当てる Issue またはPull Requestを開きます。
  4. Issue またはPull Requestに誰も割り当てられていない場合は、[assign yourself] をクリックして自分を割り当てます。 自分にアイテムを割り当てる
  5. 右メニューで、[Assignees] をクリックします。 アサインされた人のメニュー項目
  6. Issue またはPull Requestをユーザに割り当てるには、ユーザ名を入力し、表示された名前をクリックします。 Issue またはPull Requestには、最大で 10 人を選択してアサインできます。 Issue のアサインのドロップダウンメニュー

複数の Issue またはPull Requestを割り当てる

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. 誰かにアサインしたいアイテムの隣のチェックボックスを選択してください。 Issue のメタデータチェックボックス
  4. 右上隅にある [Assign] をクリックします。
  5. アイテムをユーザにアサインするには、その人のユーザ名を入力し始め、その名前が表示されたらクリックします。 Issue またはPull Requestには、最大で 10 人を選択してアサインできます。 Issue のアサインのドロップダウンメニュー

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?