Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

Projects について

Projects は、GitHub での作業を計画および追跡するための、適応性のある柔軟なツールです。

Projects について

プロジェクトは、作業の計画と追跡を効果的に行えるように GitHub 上の issue および pull request と統合できる、適応性のあるスプレッドシートです。 issue と pull request をフィルター処理、並べ替え、グループ化して複数のビューを作成し、チーム固有のメタデータを追跡するカスタム フィールドを追加してカスタマイズしたうえで、構成可能なグラフを使って作業を視覚化できます。 プロジェクトには、特定の手法を適用するのではなく、チームのニーズやプロセスに合わせてカスタマイズできる柔軟な機能があります。

最新の状態に保つ

プロジェクトは、追加した issue と pull request から構築され、プロジェクトと作業の間に直接参照が作成されます。 変更を加えると情報がプロジェクトに自動的に同期され、ビューとグラフが更新されます。 この統合は双方向なので、pull reqeust や issue に関する情報をプロジェクト内で変更すると、その pull request や issue にはその情報が反映されます。 たとえば、プロジェクトの担当者を変更すると、その変更が issue に表示されます。 この統合をさらに進め、担当者別にプロジェクトをグループ化し、issue を別のグループにドラッグして issue の割り当てを変更できます。

項目へのメタデータの追加

カスタム フィールドを使用し、issue、pull request、ドラフト issue にメタデータを追加し、項目属性のより豊富なビューを作成できます。 issue や pull request に関して、現時点で存在している組み込みのメタデータ (担当者、マイルストーン、ラベルなど) に限定されるわけではありません。 たとえば、カスタム フィールドとして次のメタデータを追加できます。

  • ターゲット出荷日を追跡する日付フィールド。
  • タスクの複雑さを追跡する数値フィールド。
  • タスクの優先度が低、中、高のいずれかであるかを追跡する選択フィールド。
  • クイック メモを追加できるテキスト フィールド。
  • 週単位で作業計画を立てるためのイテレーション フィールド (休憩のサポートを含む)。

プロジェクトの自動化

さまざまな方法でプロジェクトに自動化を追加することができます。 組み込みワークフローを使うと、アイテムが追加または変更されたときにフィールドを自動的に設定したり、または特定の条件を満たす場合にアイテムを自動的にアーカイブするようにプロジェクトを構成したりできます。 詳しくは、「組み込みの自動化の使用」を参照してください。

また、GraphQL API と GitHub Actions を使って、プロジェクトをさらに詳細に制御することもできます。 詳しくは、「API を使ったプロジェクトの管理」と「Actions を使ったプロジェクトの自動化」を参照してください。

issue 間の関係を調べる

メモ: タスクリスト、およびプロジェクトの "追跡" フィールドと "追跡対象" フィールドは現在、プライベート ベータ版であり、変更される場合があります。 タスクリストを試したり、新しいフィールドを使ってみたりすることに興味がある場合は、順番待ちリストに参加できます。

タスクリストを使用し、issue の階層を構築したり、issue を小さなサブタスクに分割したり、issue 間に新しいリレーションシップを作成したりできます。 詳細については、「タスクリストについて」を参照してください。

これらの関係は、issue に加え、プロジェクトの "追跡対象" フィールドと "追跡" フィールドに表示されます。 別の issue によって追跡されている issue 別にフィルター処理できます。また、"追跡対象" フィールドでテーブル表示をグループ化し、すべての親 issue とそのサブタスクのリストを表示できます。

様々な観点からプロジェクトを見る

注: 現在、プロジェクトのロードマップはパブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

必要な情報が提供されるようにプロジェクト ビューを調整し、最も差し迫った質問にすばやく答えます。 これらのビューは、必要に応じてすばやく戻ることができるように保存し、チームで使用できます。 ビューを使用すると、一覧表示される項目を絞り込むことができるだけでなく、2 つの異なるレイアウト オプションも提供されます。

プロジェクトを高密度テーブル レイアウト、かんばんボード、またはタイムライン形式のロードマップとして表示できます。 さまざまなレイアウト オプションの詳細については、「ビューのレイアウトの変更」を参照してください。