Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

ビューのレイアウトを変更する

プロジェクトを、高密度テーブル、かんばんボード、またはタイムライン形式のロードマップかとして表示できます。

テーブル レイアウトについて

テーブル レイアウトは、GitHub からのメタデータに関する issue、pull request、ドラフト issue、およびユーザーがプロジェクトに追加したカスタム フィールドで構成される、強力で適応性の高いスプレッドシートです。 項目のグループ化、並べ替え、フィルター処理を行い、テーブル レイアウトのフィールドを表示または非表示にして、チームのすべてのユーザーのニーズに合わせることができます。 詳しくは、「テーブル レイアウトをカスタマイズする」をご覧ください。

テーブル レイアウトの例を示すスクリーンショット

ボード レイアウトについて

ボード レイアウトのカスタマイズ可能な列全体に問題、pull request、問題の草案が表示されます。 列フィールドを "ステータス" フィールドに設定してかんばんボードを作成したり、他の単一選択または繰り返しフィールドを列フィールドとして設定したりできます。 項目を列から列に移動すると、その項目に合わせて列フィールドの値が調整されます。 詳しくは、「ボード レイアウトをカスタマイズする」をご覧ください。

ボード レイアウトの例を示すスクリーンショット

ロードマップ レイアウトについて

注: 現在、プロジェクトのロードマップはパブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

ロードマップ レイアウトによって、構成可能な期間全体にわたってプロジェクトが高度に可視化され、項目をドラッグしてその開始日とターゲットの日に影響を及ぼすこともできます。 ロードマップでは、カスタム日付フィールドを使用して issue、pull request、ドラフト issue をタイムラインに配置することで、作業を経時的に追跡し、進行状況を監視できます。 詳しくは、「ロードマップ レイアウトをカスタマイズする」をご覧ください。

ロードマップ レイアウトの例を示すスクリーンショット

プロジェクトレイアウトの変更

プロジェクト内の各ビューを別のレイアウトに設定できます。

  1. 現在開いているビューの名前の横にある をクリックします。 ビュー メニュー アイコン示すスクリーンショット
  2. [レイアウト] で、 [テーブル][ボード] 、または [ロードマップ] をクリックします。 レイアウト オプションを示すスクリーンショット

または、Command+K (Mac) or Ctrl+K (Windows/Linux) キーを押してプロジェクト コマンド パレットを開き、「Switch layout」と入力を始めます。