Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

projectsのフィルター処理

フィルターを使用して、プロジェクトのビューに表示する項目を選びます。

担当者や issue に適用されたラベルといった項目のメタデータやプロジェクトのフィールドに対するフィルターを使って、ビューに表示する項目をカスタマイズできます。 フィルタを組み合わせて、ビューとして保存できます。 詳しくは、「ビューの管理」を参照してください。

ビューをフィルターするには、 をクリックし、フィルタリングしたいフィールドとその値を入力してください。 入力していくと、利用できる値が表示されます。 また、Command+K (Mac) or Ctrl+K (Windows/Linux) キーを押してプロジェクト コマンド パレットを開き、「Filter by」と入力して、使用可能なフィルターから選ぶこともできます。

フィルター アイコンの場所を示すスクリーンショット

ボードレイアウトでは、アイテムデータをクリックして、その値を持つアイテムにフィルタリングできます。 たとえば、アサインされた人をクリックして、そのアサインされた人のアイテムだけを表示させられます。 このフィルタを削除するには、そのアイテムデータをもう一度クリックします。

複数のフィルターを使用すると、論理 AND フィルターとして機能します。 たとえば、label:bug status:"In progress" とすると、"進行中" 状態の bug ラベルの付いた項目が返されます。 論理 OR フィルターとして機能するように、同じフィールドに複数の値を指定することもできます。 たとえば、label:bug,supportbug または support のラベルを持つ項目を返します。 現在、Projects で複数のフィールドにわたる論理 OR フィルターはサポートされていません。

Projects の分析情報を使用して作成するグラフでも同じフィルターを使用でき、グラフの作成に使用するデータをフィルター処理できます。 詳しくは、「プロジェクトのインサイトの利用」をご覧ください。

ビューをフィルタリングし、項目を追加すると、新しい項目にフィルタリングされたメタデータが適用されます。 たとえば、status:"In progress" でフィルタリングするとき、ある項目を追加すると、その新しい項目の状態が "進行中" に設定されます。

フィルターを使用すると、非常に具体的な目的のビューを生成できます。 たとえば、assignee:@me status:todo last-updated:5days を使用すると、現在のユーザーに割り当てられている、"todo" 状態が過去 5 日間更新されていないすべての作業のビューを作成できます。 トリアージ ビューを作成するには、no:label no:assignee repo:octocat/game などの負のフィルターを使用します。これにより、ラベルがなく、octocat/game リポジトリにある担当者がいない項目が表示されます。

フィールドのフィルタリング

修飾子
assignee:USERNAMEassignee:octocat では、@octocat に割り当てられている項目が表示されます。
label:LABELlabel:bug では、"bug" ラベルが適用された項目が表示されます。
field:VALUEstatus:done では、"status" フィールドが "done" に設定された項目が表示されます。
reviewers:USERNAMEreviewers:octocat では、@octocat によってレビューされた項目が表示されます。
milestone:"MILESTONE"milestone:"Beta release" では、"Beta release" マイルストーンに割り当てられている項目が表示されます。

フィルターの組み合わせ

複数のフィールドのフィルターを作成できます。 ビューには、すべてのフィルターに一致する項目が表示されます。

修飾子
assignee:USERNAME field:VALUEassignee:octocat priority:1 では、優先度が 1 の @octocat に割り当てられている項目が表示されます。

同じフィールドから複数の値をフィルタリングすることもできます。 値をコンマで区切ると、指定された値のいずれかに一致する項目がビューに表示されます。

修飾子
assignee:USERNAME,USERNAMEassignee:octocat,stevecat では、@octocat または @stevecat に割り当てられた項目が表示されます。

同じフィールドから複数の値をフィルタリングし、指定されたすべての値に一致する項目を表示するには、値ごとに修飾子を繰り返します。

修飾子
assignee:USERNAME assignee:USERNAMEassignee:octocat assignee:stevecat では、@octocat と @stevecat の両方に割り当てられている項目が表示されます。

一部の項目に一致するフィルターと、すべての項目に一致するフィルターを組み合わせることもできます。

修飾子
field:VALUE,VALUE assignee:USER assignee:USERlabel:bug,onboarding assignee:octocat assignee:stevecat では、bug または onboarding のどちらかのラベルがあるが、@octocat と @stevecat の両方に割り当てられている項目が表示されます。

フィルターの否定

ハイフンを前に付けることで、組み合わせを含む任意のフィルターを反転できます。

修飾子
-assignee:USERNAME-assignee:octocat では、@octocat に割り当てられている項目が表示されません。
-field:VALUE-status:done では、状態が "done" の項目が表示されません。
-field:VALUE,VALUE-priority:1,2 では、優先度が 1 または 2 の項目が表示されません。

値がない項目のフィルタリング

no: を使用して、値がない項目をフィルタリングできます

修飾子
no:assigneeno:assignee では、割り当てられていない項目が表示されます。
no:reviewersno:reviewers では、レビュー担当者がいない pull request が表示されます。
no:FIELDno:priority では、優先度フィールドが空の項目が表示されます。

ハイフンを前に付けてこの動作を否定し、値を持つ項目のみを返すこともできます。

修飾子
-no:assignee-no:assignee では、割り当てられている項目のみが表示されます。
-no:FIELD-no:priority では、優先度フィールドに値を持つ項目のみが表示されます。

項目の場所によるフィルタリング

特定のリポジトリ内の項目をフィルタリングするには、repo 修飾子を使用します。

修飾子
repo:OWNER/REPOrepo:octocat/game では、"octocat/game" リポジトリ内の項目が表示されます。

項目の状態または項目の種類のフィルタリング

特定の種類の項目または特定の状態の項目をフィルタリングするには、is 修飾子を使用します。

修飾子
is:STATEis:open では、オープン中の issue と pull request が表示されます。
is:closed では、クローズされた issue と pull request が表示されます。
is:merged では、マージされた pull request が表示されます。
is:TYPEis:issue では、issue のみが表示されます。
is:pr では、pull request のみが表示されます。
is:draft では、下書きの issue と下書きの pull request が表示されます。
is:issue is:open では、オープン中の issue が表示されます。

クローズ理由によるフィルタリング

クローズされた項目は、そのクローズ理由でフィルタリングできます。

修飾子
reason:CLOSE REASONreason:completed では、完了したことでクローズされた項目が表示されます。
reason:"not planned" では、"計画されていない" 理由を持つクローズ済み項目が表示されます。
reason:reopened では、以前にクローズされた後にもう一度オープンにされた項目が表示されます。

追跡対象フィールドによるフィルタリング

タスクリスト内の別の issue によって追跡されている issue をフィルタリングできます。 詳細については、「タスクリストについて」を参照してください。

修飾子
tracked-by:"OWNER/REPO#ISSUE NUMBER"tracked-by:"octocat/game#11" では、octocat/game リポジトリの issue #11 でタスクリストによって追跡されたすべての issue が表示されます。

項目が最後に更新された日時によるフィルタリング

{number}days 構文を使用して、項目が最後に更新された日時でフィルタリングできます。

修飾子
last-updated:NUMBERdayslast-updated:1day では、1 日以上前に更新された項目が表示されます。
last-updated:7day では、7 日以上前に更新された項目が表示されます。
-last-updated:10days では、過去 10 日間に更新された項目が表示されます。

数値、日付、イテレーションのフィールドのフィルタリング

>>=<、および <= を使用して、数値、日付、イテレーションの各フィールドを比較できます。 日付は YYYY-MM-DD 形式で指定する必要があります。

修飾子
field:>VALUEpriority:>1 では、優先度が 1 より大きい項目が表示されます。
field:>=VALUEdate:>=2022-06-01 では、日付が "2022-06-01" 以降の項目が表示されます。
field:<VALUEiteration:<"Iteration 5" では、"Iteration 5" の前のイテレーションを含む項目が表示されます。
field:>=VALUEpoints:<=10 では、10 ポイント以下の項目が表示されます。

.. を使用して、まとまった範囲をフィルタリングすることもできます。 範囲を操作する場合は、* をワイルドカード演算子として指定できます。

修飾子
field:VALUE..VALUEpriority:1..3 では、優先度が 1、2、または 3 の項目が表示されます。
date:2022-01-01..2022-12-31 では、2022 年の項目が表示されます。
points:*..10 では、ポイント値が 10 までの項目が表示されます。
iteration:"Iteration 1".."Iteration 4" では、"Iteration 1"、"Iteration 2"、"Iteration 3"、および "Iteration 4" の項目が表示されます。

キーワードを使用した担当者とレビュー担当者のフィルタリング

@me キーワードを使用して、フィルターで自分自身を表すことができます。

修飾子
field:@meassignee:@me では、サインインしているユーザーに割り当てられた項目が表示されます。
-reviewers:@me では、サインインしているユーザーによってレビューされていない項目が表示されます。

キーワードを使用したイテレーションと日付のフィールドのフィルタリング

@previous@current、および @next のキーワードを使用して、現在のイテレーションに対するイテレーションをフィルタリングできます。 @today を使用して、現在の日付をフィルタリングすることもできます。

修飾子
field:@keyworditeration:@current では、現在のイテレーションに割り当てられている項目が表示されます。
iteration:@next では、次のイテレーションに割り当てられている項目が表示されます。
field:@todaydate:@today では、日付が今日の日付に設定された項目が表示されます。

>>=<<=+-、および .. の範囲をキーワードと共に使用することもできます。

修飾子
field:@keyword..@keyword+niteration:@current..@current+3 では、現在のイテレーションと次の 3 つのイテレーションに割り当てられた項目が表示されます。
date:@today..@today+7 では、日付が今日または次の 7 日間に設定された項目が表示されます。
field:<@keyworditeration:<@current では、現在のイテレーションの前のいずれかのイテレーションに割り当てられた項目が表示されます。
field:>=@keyworddate:>=@today では、日付が今日以降に設定された項目が表示されます。

テキスト フィールドによるフィルタリング

特定のテキスト フィールドでフィルタリングしたり、すべてのテキスト フィールドとタイトルに対して一般的なテキスト フィルターを使用したりできます。 スペースまたは特殊文字を含むテキストでフィルタリングする場合は、テキストを " または ' の引用符で囲みます。

修飾子
field:"TEXT"title:"API deprecation" では、"API deprecation" と完全に一致するタイトルを含む項目が表示されます。
field:TEXTnote:complete では、"complete" と完全に一致するメモ テキスト フィールドを含む項目が表示されます。
TEXTAPI では、タイトルまたはその他のテキスト フィールドに "API" を含む項目が表示されます。
field:TEXT TEXTlabel:bug rendering では、タイトルまたは他のテキスト フィールドに "bug" ラベルと "rendering" を含む項目が表示されます。

* をワイルドカードとして使用することもできます。

修飾子
field:*TEXT*label:*bug* では、"bug" という単語を含むラベルを持つ項目が表示されます。
field:TEXT*title:API* では、"API" で始まるタイトルを含む項目が表示されます。
field:*TEXTlabel:*support では、"support" で終わるラベルを含む項目が表示されます。