Skip to main content

projectsのフィルター処理

フィルターを使用して、プロジェクトのビューに表示する項目を選びます。

Issueにアサインされた人やラベルといったアイテムのメタデータやプロジェクトのフィールドに対するフィルタを使って、ビューをカスタマイズできます。 フィルタを組み合わせて、ビューとして保存できます。 詳しくは、「プロジェクトのビューのカスタマイズ」をご覧ください。

プロジェクトをフィルタするには、をクリックし、フィルタリングしたいフィールドとその値を入力していってください。 入力していくと、利用できる値が表示されます。 また、Command + K (Mac) または Ctrl + K (Windows/Linux) キーを押してプロジェクト コマンド パレットを開き、「Filter by」と入力して、使用可能なフィルターから選ぶこともできます。

複数のフィルターを使用すると、論理 AND フィルターとして機能します。 たとえば、label:bug status:"In progress" とすると、"進行中" 状態の bug ラベルの付いた項目が返されます。 現在、Projects で複数のフィールドにわたる論理 OR フィルターはサポートされていません。

Projects の分析情報を使用して作成するグラフでも同じフィルターを使用でき、グラフの作成に使用するデータをフィルター処理できます。 詳しくは、「プロジェクトのインサイトの利用」をご覧ください。

アイテムのフィルタリング

テーブルの上部にあるをクリックして、"Filter by keyword or by field(キーワードもしくはフィールドでフィルタ)"バーを表示させてください。 フィルタに使いたいフィールド名及び値を入力し始めてください。 入力していくと、利用できる値が表示されます。

  • 複数の値 (OR クエリ) の一致をフィルター処理するには、値をコンマで区切ります。 たとえば、label:"good first issue",bug は、good first issue または bug とラベル付けされたすべての Issue を一覧表示します。
  • 特定の値がない場合にフィルター処理するには、フィルターの前に - を配置します。 たとえば、-label:"bug" は、bug のラベルがない項目のみを表示します。
  • すべての値がない場合にフィルター処理するには、no: の後にフィールド名を入力します。 たとえば、no:assignee は、担当者がいない項目のみを表示します。
  • 状態でフィルター処理するには、「is:」と入力します。 たとえば、is: issue または is:open です。
  • 複数のフィルタは空白で区切ってください。 たとえば、status:"In progress" -label:"bug" no:assignee は、状態が In progress で、bug のラベルがなく、担当者がいない項目のみを表示します。
  • 繰り返しフィールドの前、現在、または次の繰り返しをフィルター処理するには、@previous@current@next のいずれかを使用します。 たとえば、sprint:@current のようにします。
  • ビューアーに割り当てられている項目をフィルター処理するには、@me を使用します。 たとえば、assignee:@me のようにします。 このビューを使用しているユーザーには、自分に割り当てられた項目が表示されます。
  • 日付と数値のフィールドをフィルター処理するには、>>=<<=.. の範囲クエリを使用します。 (例: target:2022-03-01..2022-03-15)。 詳細については、「Understanding the search syntax」 (検索構文の理解) を参照してください。

または、Command + K (Mac) または Ctrl + K (Windows/Linux) キーを押してプロジェクト コマンド パレットを開き、「Filter by」と入力を始めます。

ボードレイアウトでは、アイテムデータをクリックして、その値を持つアイテムにフィルタリングできます。 たとえば、アサインされた人をクリックして、そのアサインされた人のアイテムだけを表示させられます。 このフィルタを削除するには、そのアイテムデータをもう一度クリックします。