Skip to main content

Organization 内でリポジトリの作成を制限する

Organization のデータを保護するために、Organization 内でリポジトリを作成するための権限を設定できます。

メンバーが Organization でリポジトリを作成できるかどうかを選択できます。 メンバーにリポジトリの作成を許可した場合、メンバーがパブリックとプライベートのリポジトリをどちらも作成できるのか、あるいはパブリックリポジトリだけを作成できるのかが選択できます。Organizationのオーナーは、常にすべての種類のリポジトリを作成できます。

GitHub Enterprise Cloud を使う Organization は、プライベート リポジトリだけを作成できるメンバーも制限できます。 詳細については、GitHub Enterprise Cloud ドキュメントを参照してください。

警告: この設定で制限されるのは、リポジトリを作成するときの可視性オプションだけです。後からリポジトリの可視性を変更する機能は制限されません。 既存のリポジトリの可視性に対する変更の制限について詳しくは、「Organizatoin 内のリポジトリの可視性の変更を制限する」をご覧ください。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  2. In the "Access" section of the sidebar, click Member privileges.

  3. [Repository creation] で、1 つ以上のオプションを選択します。 リポジトリの作成オプション

    注: プライベート リポジトリだけを作成できるメンバーを制限するには、Organization は GitHub Enterprise Cloud を使用する必要があります。 GitHub Enterprise Cloud を無料で試す方法の詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の試用版を設定する」を参照してください。

  4. [保存] をクリックします。