Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

Organization 内の Issue の削除を許可する

Organization のオーナーは、Organization が所有するリポジトリ内の Issue の削除を許可できます。

デフォルトでは、Organization 内の Issue は削除できません。 Organization のオーナーは、まず Organization の全リポジトリでこの機能を有効化しなければなりません。

有効化されると、Organizationのオーナー、そしてOrganizationが所有するリポジトリに管理アクセスを持つ人は、Issueを削除できるようになります。 リポジトリの管理アクセスを持つ人には、管理アクセスを付与されたOrganizationメンバーや外部コラボレーターが含まれます。 詳細については、「Organizationのリポジトリロール」および「Issue の削除」を参照してください。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

    [設定] ボタンが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されている "octo-org" 組織のスクリーンショット。

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [メンバー特権] をクリックします。

  3. [Issue の削除] で、 [この Organization の Issue の削除をメンバーに許可する] を選択します。 Issue の削除をメンバーに許可するチェックボックス

  4. [保存] をクリックします。