Skip to main content

組織の以前のメンバーの回復

Organization のオーナーは、Oraganization に復帰するよう Oraganization の以前のメンバーを招待して、その個人の以前のロール、アクセス権、フォーク、設定を復元するかどうかを選ぶことができます。

Who can use this feature

Organization owners can reinstate a former member of an organization.

メンバーの復帰について

以下のいずれかの方法でユーザがOrganizationから削除された場合、そのユーザのアクセス権限と設定は3ヶ月間保存されます。

その期間内にユーザを Organization へ再度招待した場合、そのユーザの権限をリストアできます。

注: SAML SSO の適用により削除されたすべてのユーザーは、SAML シングル サインオンを使用して認証することで組織に再び参加できます。 これらのユーザーを再び参加するように招待する必要はありません。 その代わりに、ユーザは自分の個人アカウントにサインインし、Organizationにアクセスし、バナーをクリックしてSAMLシングルサインオン経由で認証してもらうことができます。

2FA を有効にするためにメンバーと外部のコラボレーターが必要なため、ユーザーが Organization から削除された場合は、2 要素認証を有効にする前に、ユーザーの特権と Organization へのアクセスを復帰させるための招待を送信できますが、Organization に再参加するための招待を受け入れる前に、2FA を有効にする必要があります。

Oraganization の以前のメンバーを復帰させると、次のことがリストアできます:

  • Organization でのユーザのロール
  • Organization が所有しているリポジトリのあらゆるプライベートフォーク
  • Organization のチームでのメンバーシップ
  • Organization のリポジトリへの以前のアクセスと権限
  • Organization リポジトリでの Star
  • Organization での Issue 割り当て
  • リポジトリプラン (リポジトリのアクティビティを Watch するか Watch しないか無視するかについての通知設定)

Organization にユーザー単位の有料サブスクリプションがある場合、Organization の以前のメンバーを復帰させる前に、使用されていないライセンスを使用可能にしておく必要があります。 詳細については、「ユーザーごとの価格について」を参照してください。 招待されたユーザーが 7 日以内に招待を受け入れなかった場合、保留中の招待は自動的に期限切れになります。 有効期限が切れると、GitHub は保留中の招待に対して課金しなくなります。

組織の以前のメンバーの回復

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. Organizationの名前をクリックしてください。 Organization のリスト内の Organization 名 1. Organization 名の下で、 [People] をクリックします。 [People] タブ 1. [ユーザー] タブで、 [メンバーの招待] をクリックします。 [メンバーの招待] ボタン 1. 復帰させる人物のユーザ名を入力して、 [招待] をクリックします。
  2. その個人の Organization での以前の権限を復元するか、以前の権限を解除して新たにアクセス権を設定するかを選択してから [招待して復帰させる] または [招待して最初から設定する] をクリックします。 情報を復元するかどうかを選択します
  3. Organization の元のメンバーの以前の権限を解除した場合は、そのユーザーのロールを選択し、必要に応じていくつかのチームに追加してから、 [招待を送信する] をクリックします。 ロールと Team のオプションと [招待を送信する] ボタン 1. 招待された人物は、Organizationへの招待メールを受け取ります。 Organizationのメンバーになるには、招待を受諾する必要があります。 ユーザーが同意する前であれば、いつでも招待を編集またはキャンセルできます。

参考資料